Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海上を8時間漂い発見された女性は…2年間も行方不明だった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

【もぎたて海外仰天ニュース】  9月26日、南米コロンビアの沖合に1人の女性が漂っていた。  チューブ状の浮輪を体に巻いてプカリプカリ。女性はカーディガンを着て、首にはスカーフを巻き、あおむけで海面に浮いていた。意識があるようには見えなかった。  女性はアンジェリカ・ガイタンさん(46)。小さな漁船に乗った地元の漁師2人が発見した。船上に引き上げると、低体温症になってはいたが生存を確認。漁師が水を飲ませると正気を取り戻し、涙を流したという。  病院に搬送されたアンジェリカさんの身元を警察が調査すると、驚くべきことが判明した。2年前までコロンビアの首都ボゴタに家族と住んでいたが、突然蒸発した後、消息が途絶えたままだったのだ。  娘は母が何者かに誘拐されたか、記憶喪失になったかを案じていたが、一応、生存確認ができて安堵しているという。海上には約8時間漂っていたことが分かっている。過去2年の話は本になる?

【関連記事】