Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テレ朝・田中萌アナ、視聴者からの“テキトー”の声に感謝「良くも悪くも素の自分を出してみようと」

配信

ABEMA TIMES

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言が5月25日に全面解除されてから約1カ月。依然、各地で一定数の感染者は確認されているものの、6月19日には県をまたぐ移動制限も全国で解除され、社会経済活動は再開し始めている。 【映像】田中アナの“塩対応”コメント  そんな中、ABEMA『ABEMA Morning』(平日朝7時~7時40分)も6月から、2カ月延期していたAKB48・武藤十夢の気象予報士としてのレギュラー出演が始動し、女性出演者4人による新体制が本格スタートした。そこでABEMA TIMES編集部では、キャスターを務めるテレビ朝日の田中萌アナウンサー(担当:月・火・金)と、4月から新たにキャスターに加わった住田紗里アナウンサー(木)と並木万里菜アナウンサー(水)、金曜のお天気コーナーを務めるAKB48武藤十夢に話を聞いた。  このコロナ禍で田中アナに起きた働き方の変化や、「おうち時間」の過ごし方とは。また、インターネット番組だからこそ寄せられるコメントはどのようにみているのか。 ――この2、3カ月の間で、お仕事にどのような影響・変化がありましたか?  最初は外をぶらぶらするロケがなくなったり、バラエティの収録が中止になったりしました。ABEMAの番組に関して言えば、『ABEMA Morning』(月・火・金)と『ABEMAヒルズ』(水・木)で週5日は会社に来ていたので、そんなに大きな変化はなかったです。2班体制になっている番組も多いんですけど、私の場合は(キャスターが)1人だったので毎日淡々と仕事をこなすという感じでした。  バラエティのある企画では、コロナの影響で大人数でのロケができないので、家でカメラマンもディレクターもいない状態でカメラを回しています。これまでは会社か家以外のスタジオ、外でのロケが多かったのですが、今回は自宅かつ1人で。初めての感覚なので、試行錯誤しながらやっています。カメラが結構重くてブレるんですよ(笑)。でも新しい経験をさせてもらっています。 ――演者の方がリモート出演される場面も増えたと思いますが、掛け合いはどう感じますか?  オンラインでの掛け合いは難しいですね。隣にいるかのように見えても、阿吽の呼吸というか、目や呼吸でタイミングを図っている部分が結構あったんだなと。オンラインだとそういうものが掴めず、話そうとしてお見合いしてしまったり被ってしまったり、それがさらにディレイで伝わったりして大変です。なので、より空気を読んで進行するようになりました。 ――4月から水・木はお昼の『ABEMAヒルズ』に出演するようになり、心境の変化などはありますか?  仕事に対する意欲はより強くなりました。ABEMA Morningは短い時間でできるだけ多くの情報を届けるんですが、ABEMAヒルズはコメンテーターとテーマを掘り下げることもあって、その時に使うアナウンサーとしての筋肉は全然違うものなんです。そこに楽しさを見つけられたのと、よりニュースに向き合うようになりました。 ――週5で出社されているとのことですが、家にいる時間は増えましたか?  サラリーマンなので今までは8時間ぐらいの勤務があったんですけど、今は仕事が終わってその後がなければ家に帰ってテレワークするように言われています。家にいる時間は増えましたね。 ――「おうち時間」はどのように過ごしていましたか?  年に4回ぐらいしかしなかった自炊を、4月のひと月で5回ぐらいしました(笑)。私が作る料理は、炒めもの一品とあとはご飯を炊けば満足という感じだったんですが、今回はちゃんと一汁三菜を作ってみようと思って。3品作るのに2時間ぐらいかかったこともあって、毎日作っている人はすごいなって改めて思いました。

【関連記事】