Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

朝の「寝覚め」が悪い“原因”と“対処法”を専門家が解説

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

最近、不機嫌な感じで目覚めたことがあるとしたら、それはきっとあなただけではない。誰にでも寝覚めが悪かったり、気落ちした気分で朝を迎えたりすることがあるし、それを完全になくすことはできないだろう。とはいえ、頻繁に寝覚めが悪く、その理由を突き止められないのなら、就寝時の習慣に取り組んで、気分をリセットする必要があるかもしれない。 【写真】絶対に従ってはいけない!根拠のない健康アドバイス35 食生活やライフスタイルが、考え方に与える影響や、グダグダの朝からスッキリとした朝へと変えることができる、簡単な日常生活の変更事項について、専門家に話を聞いてみた。

なぜ寝覚めが悪いのか?

神経科学者のペネロペ・A・ルイスが、著書『眠っているとき、脳では凄いことが起きている: 眠りと夢と記憶の秘密(The Secret World of Sleep)』で説明しているように、鬱やストレス、テキーラの飲み過ぎ、それから季節の変わり目など、あらゆることが朝に感じるネガティブな気分を導くと同時に、機嫌が悪いのは、十中八九、睡眠不足が原因だと考えられている。そして、その結果は、広範囲にわたる可能性がある。 「人間の基本的な感覚は、あまりにも疲れていると、かすかに変わります」とルイスは語る。「匂いのもとを推測するのを間違えますし、酸味に気づきにくくなります。聴覚や視覚にもわずかながら問題が生じるのです」 「疲労は、私たちに世界をネガティブなフィルター越しに見させると、さまざまな証拠が示唆しています。完全にニュートラルな顔の表情でさえ、否定的だと認識する可能性が高まります。さらに、ユーモアを高く評価する可能性も低くなります。なぜこれが起きるのかは明らかになっていませんが、一連の研究によると、通常、否定的な感情をフィルタリングする前頭葉の特定の領域は、睡眠不足により損なわれることを示唆しています」 そのため、ときに寝起きが悪いのはよくあることだけれど、睡眠に劇的な効果を与え、明け方の不機嫌改善に加えられる、いくつかの生活習慣もある。朝のしかめ面を変える4つのコツを試して、1日を笑顔で迎えるための方法を以下から学んでみて。

【関連記事】