Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Windows 10のバグでLenovo製ノートPCに不具合。解決する方法は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ライフハッカー[日本版]

LenovoのノートPCが、Windows 10の深刻なバグにより、たびたびクラッシュしたりシステム起動時に問題が発生しているようですが、もうじき解決策が提示される見込みです。 クラッシュする原因は、Lenovoの「Enhanced Windows Biometrics Security」機能とWindows 10 バージョン 2004のアップデートで導入された変更との間に予期せぬ互換性の問題があるためです。 これは非常に技術的なバグですが、コアな問題は、Windows 10バージョン 2004のせいで、ユーザーがLenovoに指紋センサーやWebカメラでログインしようとすると、システムがクラッシュしてしまうことです。 しかも酷なことに、Windows 10 バージョン 2004が7月にロールアウトして以来、Microsoftから一切公式発表がないまま、ユーザーはこうした問題に取り組んでこなければなりませんでした。

報告されているバグによる問題

それ以来、Lenovoの公式ページで、2019年と2020年にレノボのThinkPadで発生した多くの問題がユーザーから報告されています。 主に次のような問題が報告されています。 起動時にブルースクリーン(BSOD)が出る。 Lenovo Vantageを起動するとブルースクリーンが出る。 Windows Defenderでスキャンを実行するとブルースクリーンが出る。 Windows Helloの顔認証でログインできない。 Intel Management Engineに関連するデバイスマネージャーのエラー。 IR Cameraに関連するデバイスマネージャーのエラー。 どれも、ThinkPadが数週間も使用できなくなるぐらい深刻な問題です。情けないことに、Lenovoが顧客にWindowsをアップデートしないようにとすすめたほどです。 しかし、Microsoftはついにこのバグを認めて、Lenovoと共に半永久的な修正に取り組んでいると発表しました。 MicrosoftもLenovoも、その修正がいつごろロールアウトするかは明言していないので、当面のところは、すぐに使える一時的な解決策は、Lenovoの「Enhanced Windows Biometrics Security」を無効にすることです。 具体的な手順をご紹介しましょう。

【関連記事】