Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バッキンガムパレスが伝授! お家で作れるスコーンのレシピ公開

配信

25ansオンライン

もしや、私たち以上に、キャンセルになったイベントの数は多いのかもしれない、エリザベス女王。先日お伝えした、世界的お花のフェスティバル「チェルシー・フラワー・ショー」以外にも、女王が大好きなイベント、ガーデン・パーティ。こちらもコロナ禍により、もちろん中止となりました。毎年、英国で最もお天気が良い5月~7月にかけて、ロンドンはバッキンガムパレスで3回、スコットランドのホリールードハウスで1回と、計4回も開催されています。もちろんエリザベス女王の主催です。招待されるゲストの数は、総勢3万人以上で、なんと紅茶が2万7000杯、サンドイッチが2万個に2万ピースのケーキが消費されるというからビックリ。恵まれたお天気のもと、一般の方たちと触れ合うことを楽しみにされている女王にとっても、きっとガーデンパーティのない夏は、寂しくお感じなのでしょう。 そして、世界的にもまだまだ外出自粛が続く中、離れていても、自宅でもパーティ気分で楽しみましょうというメッセージが込められているように感じますが、なんとバッキンガムパレスのロイヤル・ペストリー・シェフが夏に提供されている、伝統的なフルーツ・スコーンのレシピを公開です。きゃ~~!!気になりますよね!

材料 小麦粉 500g ベーキングパウダー 28g バター 94g 砂糖 86g 卵 2個 バターミルク 140ml サルタナ(レーズン)40g ※お湯に30分浸す 手順 作り方 1. オーブンを180℃に熱しておく。 2. 小麦粉、ベーキングパウダー、バター、砂糖をボウルに入れ、柔らかくなるまで混ぜる。 3. 別のボウルで、全卵、バターミルクを一緒に泡立てる。 4. 3を2に入れてミックスする。 5. 液体と生地がひとつにまとまるまで混ぜる。 6. (オプションで)サルタナレーズンを加え、均等に混ぜる。 7. ボウルから生地を取り出し、軽くこね、平らにする。そしてラップでカバー。 8. 30分そのまま置く。 9. めん棒で、生地を2.5cmの厚さにのばし、型を抜く。 10. 上面に卵をハケで塗る。 11. きつね色になるまで、オーブンで10~12分焼く。 12. ジャム&クロテッドクリームをつけて出来上がり。 超お料理が苦手な私でも、一見出来そう?!?!なーんて思いますが(笑)、英国好き、スコーン好き、そしてロイヤルファンのみなさま、ぜひこの機会にロイヤル・スコーン作りをお試しあれ! プレートやテーブルセッティングも英国風にしてみたり、私ならエリザベス女王の人形を置いて、女王とアフタヌーンティー気分で、妄想だけは止まりません(笑)。 パレスによれば、完成したスコーンの写真を #royalbakes とタグ付けして投稿してください!とのこと。世界的にシェアされるチャンスも もしや女王の目に触れることもあったり??? 作るだけでなく、その後もワクワク&ドキドキですね。 ぜひチャレンジしてみてください。 これまでのガーデン・パーティ写真を検索していたら、1980年の様子や、ダイアナ元妃が参加された時の写真も発見。また現在提供されているらしい、エリザベス女王のロイヤルサイファー入りの食器が写った写真も。いつか実際に拝見したいわ~~と、これまた妄想しつつも、今のところは写真で興奮です(笑)。

MIZUHO NISHIGUCHI

【関連記事】