Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【バレー】深津英臣(パナソニック)「来季は、もう1回優勝しなきゃいけない。そしてリオ五輪最終予選の悔しさを晴らすべく来年の五輪に向けてがんばります」

配信

バレーボールマガジン

V.LEGUE Division1パナソニックパンサーズの主将、深津英臣選手にお話を伺った。2019-20シーズンを振り返り、代表復帰と定着への思いなど。 清水邦広と深津英臣がパナソニック「Let’s note」新作発表に向け、ビデオメッセージ。おうち時間の過ごし方も紹介 ――無観客試合が決まったときにどう思いましたか。 深津英臣(以下深津):率直に「どんな試合になるんだろうな」と。僕も無観客試合というのは一度も経験をしたことがなかったので、イメージができなかったです。 ――実際無観客試合をやってみてどのように感じましたか? 深津:実際やってみたらそこまで気にならなかったですし、プレーへの影響を自分はあまり感じなかったです。ただ、寒いのが嫌で、大きい体育館で人がいなくて熱気がなかったので、手も冷えちゃいましたし、そこは「寒いな」と感じながら試合をやっていました。 ――試合が始まり、第1セットは割と楽にセットが取れたようにみえました。しかし、第2、3セットはリードした展開だったのを逆転して取られてしまった原因は。 深津:1セット目を取っても、2~5セット目になるにつれて、パナソニックパンサーズのメンバーは疲れが出てきているのかなと感じました。動きがどんどんにぶくなっていったというか、表情も疲れていました。「負ける? 大丈夫かな」という顔ではなかったですが、疲れが顔にも動きにも出ていたのかなと思います。(ファイナル前の)練習でも、いつも以上にすごく気合を入れてやっていました。その週も前の週もです。なので、練習から気合が入りすぎてしまって、試合にピークを持っていくのをとおりこしてしまい、疲れが出てきてしまったかなというのはありました。 ――第4セットに何度もマッチポイントを握られながらも、何とか取り切れたという要因は。 深津:本当に紙一重なところだと思いますが、白澤(健児)さんがブロックで流れをつかんだりとか、(相手に)流れをつかませないようにしたというのがあったからですね。あのブロックは凄く大きかったと思います。あとは、そういった面でもしっかり自分たちのバレーボールをやり切ったというところが、4セット目のあの展開でも食らいついて逆転できた要因です。 ――しかしながら第5セットでは相手に走られてしまって、例えば去年のファイナルの1戦目は第5セットで走られても逆転できました。今年は最後1点差まで詰め寄ったけれどもそこは勝ち切れなかったその原因は。 深津:先程と同じようになってしまいますけれども、(パナソニックは)疲れが見えてきて、相手は5セットになっても生き生きとしていて、サーブの精度も高かったし、サーブの威力スパイクの威力、全ての精度が衰えなかったかなと。こちらは逆にサーブの威力も落ちましたし、僕も(セットを)相手(のコート)に返したときもありましたが、いろんな精度が下がっていった、疲れが見えて集中力が切れたというのがあったと思います。 ――深津選手個人のトスワークについて。 深津:ジェイテクトさんはサーブが良いチーム。それはレギュラーラウンドでもわかっていたので、西田(有志)選手と(マテイ)カジースキ―選手のサーブだけを、一本でも早く切ることだけを意識してやっていました。

【関連記事】