Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

岡田メソッドはいかにして生まれたか バルサではなく、常識を覆すペップに刺激

配信

スポーツナビ

第2回

 岡田武史氏がFC今治のオーナーに就任したのが2014年11月。それから約4年間にわたる試行錯誤を経て、プレーモデル、ゲーム分析、トレーニング計画、コーチング方法を言語化、体系化した「岡田メソッド」が完成した。もともと1年で完成する予定だったのが、なぜ4年もかかったのか。インタビュー第2回では、メソッド構築の過程に迫った。 【動画】「岡田メソッド」の練習を公開 Vol.1~5、ノーカット版も

重視したのは既存のコピーよりも国民性

――「岡田メソッド」を構築するのに、当初1年の予定だったのが4年かかったそうですね。それだけ遅くなった理由として、どんな困難があったのでしょう?  最初に(ジョアン・)ビラと契約して、バルサのメソッドを丸々もらったんだよ。それをなぞれば、すぐに完成するだろうと思っていたんだけど、甘かった。というのも、ビラの言っていることが全然理解できないんだ。「静的なときには、この選択をして……」と言うんだけど、「静的って何や。止まっているのか?」「いや、そうじゃない」と。浮かんでいるイメージがまったく違う。そんな感じできちんと理解していないのに、スペイン語をひたすら翻訳したから、バルサメソッドの日本語版とでもいうようなものになった。  でも、そもそも理解していないんだから、使おうとしても説明できない。そこで、これではダメだと気がついた。自分たちなりに理解できるものを作らなきゃいけないという結論になって、いったん全部、白紙に戻したんだ。  そのときに思ったのは、サッカーに限らずどのスポーツも同じだけど、プレーだけを見てマネできるものじゃないんだなと。その裏には、文化や歴史、国民性がある。そのうえで、その国のスタイルが築かれているんだと。  ワールドカップ(W杯)の面白さもそこなんだよ。純粋にサッカーのレベルを考えたら、EUROやチャンピオンズリーグの方がW杯よりも高い。それなのになぜ、W杯が面白いのか。それは、国民性や文化が反映されて、どの国も同じサッカーにならないから。あ、そうか、こういうことなんだなと。 ――プレーモデルも、日本人や日本のサッカーに合わせたものでなければ、意味がなかったわけですね。  そう。例えば、スペインには横パスからの縦パスに、3つくらいの単語があるんだよ。日本ではすべて縦パスと言うのに、スペインではなぜ言葉を使い分けるのかというと、必要だから。そのときにふと思い出したのが、エスキモーの話。日本語は白と言うと白1色だけど、エスキモーの白は「何白」「何白」と10種類くらいあって、雪の白さによって翌日の天候が分かるわけ。今日の雪は「何白」だから、明日はこうなるだろうって。それだけ種類があるのは、生活に必要だから。スペインに縦パスを表わす言葉が3つあるのも、それを必要とするサッカーをしているからなんだよね。 ――逆に言えば、日本は3種類の縦パスを必要としないサッカーをしているわけですね。  それなのに、上辺だけをマネしてもしょうがないというわけ。必要になれば、必然的に新しい言葉を作るようになる。でも、今は残念だけど必要としていない。だから、それはナシでいこう。イチから全部作り直そうということになって、1年の予定だったのがどんどん延びて4年もかかったわけ(苦笑)。

【関連記事】