Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10分を超える驚異の潜水民族、断崖絶壁の命がけの蜂蜜採り【知られざる少数先住民族の暮らし】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ナショナル ジオグラフィック日本版

潜水に適応して進化したバジャウ族、ヒマラヤの秘境の消えゆく伝統

 ほとんどの人は、水中で息を止めていられるのは長くても1、2分だろう。しかし、バジャウ族の人々は素潜りでどんどん潜ってゆき、水深60メートルのところに10分以上もとどまることができる。彼らは、フィリピン、マレーシア、インドネシアの周辺海域で、素潜りで魚を獲ったり、手仕事の材料にする天然資源を採集したりして暮らす漂海民族だ。 ギャラリー:驚きの潜水能力を誇るバジャウ族 写真7点  デンマーク、コペンハーゲン大学地理遺伝学センターのメリッサ・イラード氏は、タイに旅行した際、バジャウ族の話を聞いてその伝説的な潜水能力に興味を持った。  人間が息を止めて顔を水に浸すと、自動的に心拍数が低下し、血管と脾臓(ひぞう)が収縮して、酸素が少ない環境でエネルギーを節約できるようになる。また、ほとんどの時間を水中で過ごすアザラシの脾臓はかなり大きいことがわかっている。イラード氏は、潜水を得意とする人々にも同様の特徴が見られるかどうかを調べたいと考えた。 「まずはインドネシアのバジャウ族の人々に会いに行きました。いきなり検査機器を持って乗り込み、自分の用事が済んだらすぐに帰るようなことはしたくなかったからです。2回目の訪問で、ポータブル超音波画像診断装置と唾液採集キットを持って行きました。そこで数軒の家を回り、脾臓の画像を撮影させてもらいました」とイラード氏は言う。 「たいてい見物人がいました。私が彼らの存在を知っていたことに驚いていました」  イラード氏は、バジャウ族と遺伝的に近いサルアン族の人々からもデータを収集した。両者の脾臓の大きさを比べてみると、バジャウ族の中央値が、素潜りを生業としないサルアン族より50%も大きいことがわかった。 「バジャウ族の人々の体に遺伝子レベルで何かが起きているなら、ある程度以上、脾臓の大きさが違うはずです。実際、大きな変化を確認できました」  遺伝子を分析してみても、バジャウ族とサルアン族では、甲状腺ホルモンの制御にかかわる遺伝子について有意な違いがみられた。マウスでは、このホルモンが少なくなると脾臓が小さくなることがわかっている。バジャウ族の人々には脾臓が大きくなる遺伝子の変異があり、水中での活動に適した体になっていることが初めて確認されたこの結果は、2018年に学術誌「セル」に発表された。

【関連記事】