Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NTTがドコモにTOB(株式公開買い付け)--NTT株の投資判断とドコモ株の行方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ZDNet Japan

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。 今日のポイント NTT(9432)が、NTTドコモ(9437)にTOB ドコモ株主はどうなるか? NTT株の投資判断:高配当利回り株として「買い」  これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。 NTT(9432)が、NTTドコモ(9437)にTOB  NTT(9432)は9月29日、子会社NTTドコモ(9437)を完全子会社(※注)にするため、9月30日からTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。 ※注:完全子会社:親会社が、発行済株式全て(100%)を保有する子会社を、完全子会社と言う。NTTは現在、NTTドコモの株の66.21%を保有する親会社だ。NTTドコモは子会社だが、少数株主(親会社NTT以外の株主)が33.79%を保有しているため、完全子会社ではない。NTTは、今回のTOBで、少数株主持ち分33.79%全てを買い取り、完全子会社化することを目指している。  TOB価格(NTTによるドコモ株の取得価格)は1株当たり3900円で、9月28日の終値(2775円)に、40.5%のプレミアム(買収のための上乗せ幅)を乗せた。  その価格でドコモを完全子会社化するのに、4兆2000億円の資金が必要で、国内企業のTOBとしては過去最大となる。そのための資金を、NTTは、負債(銀行からの借入)で調達すると発表した。  NTTがTOBを正式発表する前、29日朝から、NTTがドコモにTOBをかける旨、報道が出ていた。そのため、ドコモ株は寄付から買い気配に。大引けの株価は、15.8%高の3213円でストップ高買い気配となった。  NTTによる買い取り価格は3900円であるから、30日も買い気配で上昇が続き、ドコモ株は3900円まで上昇する見込みだ。

【関連記事】