Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新庄剛志ロングインタビュー!「モノはいらない。金も最低限でいい。今ほしいのは“逆境”だ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GOETHE

時代が変わろうと、男を突き動かすのは“欲“という名の情熱だ。欲するものがあれば、男はいくつになっても走り続けられる。栄光、名声、そして金銭……アスリートとしてすべてを手に入れたように思えたこの男もまだ自身の情熱を、欲を捨てきることができないでいる。その無謀さ、がむしゃらさは、どこか美しくもある。新庄剛志は何を求め、再び肉体にムチを入れることにしたのだろうかーー。

復帰を決めたのは「脚光を浴びたくなった」から

48歳の新庄剛志は今、本気でプロ野球界への復帰を目指している。13年も現場を離れていたプレイヤーがおいそれと戻れるほど、日本のプロ野球は甘くない。だが、タキシードを脱いだ時、その鍛え上げられた肉体が彼の本気を語っていた。ボディビルダーのような作られた筋肉とは明らかに異なる。しなやかで、研ぎ澄まされた野生の獣のような肉体。とても48歳のものとは思えない。 「今は70%くらいの仕上がり。去年の11月にインスタグラムで復帰を目指すと宣言してから身体作りをしてきて、ようやく動けるベースができた感じ。12月のトライアウトを受けるため、これからプロのノックを受けたりしながら実践で使える身体に仕上げていくつもりです」 1990年、ドラフト5位で阪神タイガースに入団。3年目のシーズンに初安打を本塁打で飾るなど派手にブレイク、以後スター街道を驀進(ばくしん)することになる。2000年にはメジャーのニューヨーク・メッツと契約。年俸は日本の球団から提示された金額の10分の1、20万ドル(約2200万円)だった。当時は、同年にマリナーズと契約したイチローですら通用しないといわれており、実績で劣る新庄はスポーツ紙に「日本の恥をさらすな」とまで書かれるほど、その活躍は疑問視されていた。 「そういう逆境があるほど、みんなが批判すればするほど、僕は燃えるんです」 メッツの年俸10億円以上が揃う打線に入って徐々に結果を出すと、ついには4番を任されることに。楽しそうにプレイする彼を地元の新聞が“SHINJOY”と表現するなど、一躍人気選手となった。2年目のサンフランシスコ・ジャイアンツでは、日本人選手として初めてワールドシリーズへの出場も果たした。 そして2004年に日本球界復帰。彼が選んだのは、北海道日本ハムファイターズ。現在でこそ地元に根づいた人気球団となったファイターズだが、当時は本拠地移転1年目の不人気球団。「札幌ドームを満員にする」「ファイターズを日本一にする」。そう宣言した新庄の派手なパフォーマンスとプロフェッショナルなプレイは、たちまち道産子のハートを鷲掴(わしづか)みにした。そして迎えた3年目、開幕直後に「今シーズン限りでの引退」を宣言すると、他の選手も発奮。見事、有言実行となる日本一を達成する。彼の野球人生は、野球漫画のエンディングのような大団円を迎えることになった。 「現役時代の後半は、毎年それなりの金額を稼いでいました。CMも何本かあったし、テレビにちょっと出ただけで数百万円もらったこともあった。そのころは、欲しいものがあれば、指をさすだけでマネージャーが買ってきてくれた。クルマもいろいろ乗りました。どんなものを買う時も、値段を見たことがなかった」 彼は、すべてを手に入れた。はずだった。あとは好きなことだけして悠々自適なセカンドライフを送るだけ。2010年、その地をバリ島に決めた38歳の新庄に待っていたのは、思いがけない落とし穴だった。 「新人時代からもらったお金はすべてある信頼する人に任せていたんです。バリ島に移住することを決めて、そのためのお金を引きだそうと思ったら、『残ってない』と言われた。そんなはずはない、確かに何も考えずに使っていたけど、それでも10億単位の金額は残っているはず。でも確かめてみたら、その人が自分の会社の経営失敗の穴埋めに僕のお金を使いこんでいた。それを聞いて呆然としました。手元に返ってきたのは8000万円だけ。それを持って僕はバリに渡ったんです」

【関連記事】

最終更新:
GOETHE