Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BMW二輪に初の「M」、『M 1000 RR』…サーキット仕様

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
レスポンス

BMWの二輪部門のBMWモトラッドは9月23日、BMW モトラッド初の「Mモデル」、BMW 『M 1000 RR』を欧州で発表した。 【写真】BMW M 1000 RR(全20枚) BMWモトラッドは2018年、モーターサイクル向けにMを導入すると発表して以来、Mのオプション装備と「Mパフォーマンスパーツ」を発売してきた。そして今回、BMW モトラッド初のMモデルを欧州で発表した。BMW M 1000 RRは、『S 1000 RR』をベースとしたMモデルになる。 ◆192kgの軽量ボディに最大出力212psのエンジン M 1000 RRに搭載されている水冷式直列4気筒エンジンは、S 1000 RRのパワートレインがベースだ。レーシングスポーツエンジンに適したように変更を加えた可変バルブタイミングと、バルブリフトのBMW「シフトカム」テクノロジーを採用している。 最大出力は212ps/14500rpm、最大トルクは11.5kgm/11000rpmを獲得する。このエンジンは最高回転数が15100rpmに引き上げられるなど、技術的な変更を受けた。例えば、新しいマーレ社製の2リング鍛造ピストン、燃焼室の変更、13.5に上昇した圧縮比、長く軽くなったパンクル社製のチタン製コネクティングロッド、スリムに軽くなったロッカーアーム、新しいダクト形状の完全機械加工したインテークポート、最適化したカムシャフトとインテークエリアなどがある。軽量エグゾーストシステムもチタン製だ。 エンジンは、サーキットでのドライビングダイナミクスに重要な6000~15100rpmの回転域において、ベースモデルのパワートレインよりもさらにパワフルになった。このエンジンを、車両重量192kgの軽量ボディに組み合わせている。 ◆エアロダイナミクス性能の向上でラップタイムを短縮 開発においては、エアロダイナミクス性能が重視された。レースで勝利するために必要不可欠な最高速を、可能な限り高くした。また、加速時のホイールと路面とのコンタクトを、可能な限り高めることをも目指した。サーキットと風洞施設でのテストを通じて、フロントトリムのクリアコートのカーボン製Mウイングレットが開発された。 このMウイングレットは、速度に応じて空力的なダウンフォースを生成し、ホイールロードを増大させる。フロントホイールのホイールロードの増大によって、ウィリーの傾きが相殺され、トラクションコントロールの制御が減り、さらに多くの駆動力が加速に変換され、ラップタイムの短縮が可能になる。カーブやブレーキング時にも、ウイングレットは効果を発揮する。ダウンフォースによって遅めのブレーキングが可能になり、コーナリング安定性が向上するという。 ◆BMW モトラッド初のMブレーキとMカーボンホイール シャシーには、センターピースにアルミ製ブリッジフレームを採用した。倒立フォークは最適化され、セントラルスプリングストラットは、ブルーのスプリングと「フルフローター・プロ・キネマティクス」を組み込んでいる。シャシー開発の主要な目標は、サーキットでのラップタイムを可能な限り短縮することとした。動力性能の最適化、ブレーキングとアンチスクワット制御に関しても、細心の注意が払われたという。 M 1000 RRは、四輪車のMカーと同様のMブレーキが装着された初のBMWのモーターサイクルだ。スーパーバイク世界選手権でのレーシングブレーキの経験を生かして開発され、最大限のフェード安定性と制御性を発揮することを狙った。Mブレーキキャリパーは陽極酸化処理でブルーにコーティングされ、Mロゴが付く。Mカーボンホイールも装着されている。 メーターパネルには、「Mスタートアニメーション」が備わる。オプションの「アクティベーションコード」を使用すると、メーターパネルのOBDインターフェースを通じて、M GPSラップトリガーとM GPSデータロガーを使用するためのデータが得られる、としている。

レスポンス 森脇稔

【関連記事】