Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

江川紹子さんとオウムの死闘、バイトで食いつなぎ坂本弁護士一家を追った

配信

ダイヤモンド・オンライン

 文藝春秋に入社して2018年に退社するまで40年間。『週刊文春』『文藝春秋』編集長を務め、週刊誌報道の一線に身を置いてきた筆者が語る「あの事件の舞台裏」。ジャーナリストの江川紹子さんと一緒に仕事をした、オウム真理教事件を振り返ります。(元週刊文春編集長、岐阜女子大学副学長 木俣正剛) ● 華奢な女性ジャーナリストが 編集部に持ち込んだ企画  ジャーナリストの江川紹子さんと初めて仕事をしたのは、彼女が神奈川新聞を辞めてフリーになった直後のことでした。華奢(きゃしゃ)で笑顔を絶やさない彼女が、のちに、オウム真理教というテロ組織と1人で闘うとは、当時は想像もできませんでした。  あるとき、江川さんから、坂本堤弁護士とともにオウム真理教という新興宗教に洗脳されている信者のことを取材して書きたいと提案されました。ゴーサインは出したのですが、他の仕事に取り紛れ、まだ、坂本弁護士に会えないままだったとき、真っ青な顔をした江川紹子さんが文春編集部に現れました。「木俣さん、何も聞かないで、私が週刊文春の記者であるという名刺を作ってください」と言います。  切羽詰まったものを感じて、すぐに名刺を作製してお渡ししました。それから2週間くらいたった頃でしょうか。江川さんが説明に来ました。  「坂本弁護士一家が拉致されました。オウムの仕業としか考えられません。一家が自分で失踪する理由なんて見当たらないのですから。でも神奈川県警は、積極的に動いていません。そしてフリーの記者は記者会見には出られないので、週刊文春の名刺作製をお願いしました。警察が熱心でないのは、坂本弁護士が所属する横浜法律事務所は、刑事事件では県警と対立することが多い人権派弁護士事務所だということもあるかもしれません」

 編集部にすぐ報告・相談をしました。結論は徹底的に江川さんをサポートし、この事件の解明とオウム真理教の問題点を洗い出そうということになりました。  思想の右とか左とかは関係ありません。三権分立の要、言論の自由の要である弁護士を拉致するという組織は、民主主義を否定する存在であり、許されるものではない。これが素直な編集部の思いでした。 ● 全てを投げ打って 坂本弁護士一家を捜した江川さん  今となると、オウム真理教は、発足してすぐにテロリスト集団化し、地下鉄サリン事件を起こして、壊滅に追い込まれたという印象しか残っていないかもしれません。  しかし、坂本弁護士一家失踪直後に、彼らが記者会見をしたときは、週刊文春と週刊新潮以外のメディアは、教団の名前さえ伏せて報道し、「ああいえばじょうゆう」とあだ名された上祐史浩(当時教団の幹部、サリン事件以降は教団緊急対策本部長。現「ひかりの輪」代表)の長広舌を画面で垂れ流すありさまで、記者会見でも厳しい質問など飛びません。  確かに憲法で信教の自由は保障されています。単に新興宗教だから、という理由で「怪しい教団」扱いをできないことはわかります。しかしそうした事情を考えても、当時のメディアは及び腰、というより、その教団の踊りや日常を面白おかしくとらえていたとしかいいようがありません。  しかし、江川さんの責任感には、アタマが下がりました。坂本弁護士一家失踪に対する責任を感じ、生存につながる情報や目撃情報が週刊文春編集部にある度に、その取材に真っ先に出歩いていました。

【関連記事】