Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

肥後橋の中華料理店バレット8周年 粗びき肉のマーボー豆腐で固定客つかむ

配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 中華料理店「Bullet (バレット)」(大阪市西区江戸堀1)が7月25日、大阪・肥後橋にオープンして8周年を迎える。(船場経済新聞) 【写真】店の看板料理「四川麻婆豆腐」  オープン当時の店名は「ブリコラージュ チャイナ シン」。2017(平成29)年に現在の店名に変更したという。店舗面積は7坪、席数は8席。  店は店主の白澤慎一さんが一人で切り盛りをする。店の看板料理は四川マーボー豆腐。白澤さんは「マーボー豆腐は店ごとに特徴があるが、うちは食感にこだわった」と胸を張る。肉は粗くひいたひき肉を使い、ネギも白ネギと青ネギの2種類を使い分ける。切り方と火の通し方に変化をつけて「飽きの来ない食感」に仕上げているという。  ランチはマーボー豆腐と週に1~2度変わるメニューの2つのセット(各1000円)を用意。。メインのほか、前菜とご飯、スープが付く。ランチは仕事に差し支えがないようにと、ニンニクは使わないという。夜はコースのみで完全予約制。7~8品で4,000円~、2人から受け付ける。メニューは定番と創作、両方幅広く提供する。エビチリにタイグリーンカレーの味を隠し味にするなど、ほかの料理のエッセンスを忍ばせることもあるという。  白澤さんは「この近くで働いている人が週に1度、食べたくなる味を目指している」と言い、「8年目を迎え、これからもっと新しいお客さんとも出会いたい。今年は料理教室を開いたり、他店とのコラボをする予定。これからも、いろんな方に愛される店に育っていけたら」と期待を寄せる。  営業時間は11時30分~14時、18時~(完全予約制)。土曜・日曜・祝日定休。新型コロナウイルスの影響で営業時間は短縮中。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】