Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

英・スイス、金融サービス分野で協力深化へ 共同声明に署名

配信

ロイター

[チューリヒ/ロンドン 30日 ロイター] - 英国とスイスの財務相は30日、国境をまたぐ株取引など金融サービス分野での協力深化に向けた共同声明に署名したと発表した。 両国財務相はオンラインで会談し、保険、銀行、資産運用、資本市場インフラに関連したホールセール金融サービスについて、国境をまたぐ市場アクセスを可能にする合意を目指す方針で一致した。 スイスの金融大手、クレディ・スイス<CSGN.S>やUBS<UBSG.S>はロンドンで大規模な事業を展開しており、スイスの金融サービス輸入は英国が半分近くを占めている。 スナク英財務相はスイスとの合意について、異なる国・地域が方法は違っても同じ結果を達成できるという点を尊重した上で、国境をまたぐ金融サービス取引が可能だということを示していると述べた。 この発言は、英国が来年1月から、欧州連合(EU)金融市場との間でも同様のアクセスを目指していることを念頭に置いたものとみられる。金融サービスを巡るEUとの協議は目立った進展を遂げておらず、EUのバルニエ首席交渉官は30日、同分野に関する英国の提案は「受け入れられない」と述べた。 スナク財務相によると、スイスとの間では直ちに技術的な作業を始め、9月8日に「金融対話」を開始、今年末に進捗状況を確認する見通し。 1月末にEUを離脱した英国は、引き続きEU規則が適用される移行期間を今年末に終えれば、他国と通商協定などを結ぶことが可能になる。

【関連記事】