Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

琉球への愛を誓うリバウンド王、ジャック・クーリー「キングスこそが僕のプレーしたいチームだ」

配信

バスケット・カウント

「困難を乗り越えられたことを誇りに思う」

文・写真=鈴木栄一 昨シーズン、琉球ゴールデンキングスは故障者に苦しめられながら西地区3連覇を達成した。この原動力となったのがセンターのジャック・クーリーだ。2018-19シーズンにイタリアのディナモ・サッサリでユーロカップ優勝に貢献したクーリーは、試合を重ねるにつれて調子を上げていき、1試合平均18.4得点、リーグトップの13.3リバウンドの大暴れ。早々に琉球との契約延長を発表した彼が、激動の1年を振り返った。 ──まずはご結婚おめでとうございます。沖縄で婚姻届を提出した理由を教えてください。 この夏にアメリカで盛大に結婚式を挙げるつもりだったんだけど、それが新型コロナウィルスの影響によって、式は来年に延期したんだ。それでも、この夏に結婚はしたかった。だから大好きな場所、沖縄の市役所に婚姻届を提出した。沖縄の人々はみんな親切で、ビーチなど美しい場所がたくさんある。本当に素晴らしいところだよ。 ──オフシーズンに入って早い段階で、キングスとの再契約が発表されました。 キングスこそが僕のプレーしたいチームで、他のどこにも行きたくなかった。シーズンが途中で終わってしまったので、まだやるべきことが残っているしね。Bリーグの中止という判断は正しいと思うけど、同時にがっかりもした。チームの調子は良く、最後までシーズンが続いていれば僕たちは本当に良くなって、優勝のチャンスは大いにあったと思う。 今シーズンは故障者が多い中でよく戦えていた。最初、ジョシュ(スコット)が離脱して、途中からのタシ(田代直希)の欠場もとても痛かった。ここで若いマキ(牧隼利)がステップアップしてくれた。シーズン途中でのコーチ交代など、いろいろな困難を乗り越えられたことを誇りに思う。 ──そもそもの話として、欧州で確固たる実績を残した選手が日本に来るのは珍しいです。最初、不安はなかったですか。 京都ハンナリーズのデイヴィッド・サイモンは親友で、日本でプレーするにあたって様々なことを教えてくれた。キングスでプレーすることを伝えたら「沖縄は素晴らしいところで、君にとって完璧な場所だ。」と言ってくれたんだ。だから、不安なく沖縄に来ることができた。彼からの情報はとても助けになったよ。 これまでヨーロッパでプレーしている選手たちは、日本についての知識がなくて、どれだけ良いところか分かっていない。でも今はどんどん学んでいる。僕が沖縄を選んだ時、ヨーロッパのビッグクラブからもオファーが来ていた。ただ、サイモンからBリーグ、日本という国が素晴らしいと聞いていたのは大きかった。沖縄で活躍できて、来シーズンも残ることになったのはうれしいよ。

【関連記事】