Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「練習場では、あなたをトラブルに陥れるクラブを使え。あなたを満足感でうっとりさせるクラブでなく」――ハリー・バードン|ゴルフは名言でうまくなる

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎plus

ドライバー練習のときはスプーンと交互に打つ

「近代スウィングの父」と呼ばれるハリー・バードンは、1896年、98年、99年と全英オープンで3勝したあと、大西洋を渡り、初めて出場した1900年の全米オープンでも優勝。1913年と20年にも全米オープンに出場し、いずれも2位だった。 さらに1903年、11年、14年の全英オープンでも優勝。第一次世界大戦によって1915年から5年連続で大会自体が開催されなかったこともあり、1914年が最後の優勝となった。通算6回のジ・オープン優勝の記録は今も破られていない。  1893年に23歳で初出場し、1929年に59歳で予選落ちするまでの36年間、全英オープンに出場した息の長さは、彼のスウィングが合理的だったことを証明している。 ロングショットの名手として知られ、ブラッシー(2番ウッド)やスプーン(3番ウッド)で、遠くからピンの近くに打ってくる技術は比類なき正確さだったという。 練習の虫でもあったバードンの表題の言葉によると、練習では不得意なクラブを練習し、苦手なクラブをなくすのが肝心のようだ。 たしかに、不得意に感じているクラブを使う場面になると、もうそれだけで心理的にプレッシャーがかかり、ミスショットしやすくなる。不得意なクラブをなくすことは、常に自信を持ってショットできることにつながるだろう。 ところが、アベレージゴルファーの練習風景を見ていると、ドライバーをたくさん打ちまくっていることが多い。 「アマチュアのゴルフは、朝イチ次第」(ピーター・アンドリュース) このような名言もあるぐらいで、1ラウンド14回使用するドライバーを練習するのは、悪いことではない。アベレージゴルファーが大叩きする原因として最も多いのは、ドライバーでOB・池・林などへ打ち込んでしまうことにあるからだ。 ドライバー練習の際におすすめしたいのは、スプーンを打つことだ。 ドライバーはティーアップするので、他のクラブと異なるアッパーブロースウィングでも打ててしまう。このため、ティーアップしたボールを打つ練習を続けると、地面から直接打つアイアンやフェアウェイウッドのスウィングに悪い影響を与えてしまいがちなのだ。 また、ドライバーだけ別のスウィングをするというのもゴルフを複雑にするだけで、確実性がそがれてしまうだろう。だから、スプーンを芝の上から直接打って、同じスウィングでドライバーも打てるように練習するのがおすすめなのだ。 練習場では、ドライバーだけを連続して打つのではなく、スプーンとドライバーを交互に打つなど、常にスプーンでうまく打てるスウィングを意識してドライバーを振る練習が効果的なのである。 最近ではブラッシーを見かけることは稀になったので、芝の上から直にボールを打つクラブで一番長さがあるのはスプーンだ。その意味では最も難しいクラブだともいえる。 その難しいスプーンをしっかりと打てるスウィングが、悪いスウィングであるはずがない。スウィングのバロメーターとして、スプーンは恰好のクラブなのである。

【関連記事】