Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

5大総合商社の一つで知られる三菱商事の給料はどのくらいか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

シリーズでお伝えしている「企業年収給与研究」。最新の有価証券報告書をもとに注目企業の従業員の年収・給与や従業員数を見ていきましょう。今回は国内大手総合商社である三菱商事です。

三菱商事の従業員数は何人か

有価証券報告書の提出会社(単体)の従業員数は2020年3月31日時点で5882名。単体で5000人以上の従業員数がいます。また、顧問・嘱託111名、他社からの出向者205名、海外店現地社員700名をそれぞれ含め、他社への出向者2269名を除いた就業人員数は4629名です。単体のセグメント別就業人員数は以下の通りです。  ・天然ガス:319名  ・総合素材:261名  ・石油・化学:458名  ・金属資源:180名  ・産業インフラ:320名  ・自動車・モビリティ:291名  ・食品産業:416名  ・コンシューマー産業:409名  ・電力ソリューション:274名  ・複合都市開発:320名  ・その他:1381名 また、連結の就業人員数は8万6098名。セグメントごとの内訳は以下の通りです。  ・天然ガス:812名  ・総合素材:1万852名  ・石油・化学:4559名  ・金属資源:827名  ・産業インフラ:9609名  ・自動車・モビリティ:6557名  ・食品産業:2万4443名  ・コンシューマー産業:2万197名  ・電力ソリューション:4248名  ・複合都市開発:762名  ・その他:3232名

過去5年の業績動向

三菱商事(連結)の業績推移についても見ておきましょう。 まず、収益ですが、過去5年をみると、2016年3月期は6兆9255億円、2017年3月期は6兆4257億円、2018年3月期は7兆5673億円、2019年3月期は16兆1037億円、2020年3月期は14兆7797億円となっています。 また、売上総利益については、2016年3月期の1兆988億円から2019年3月期の1兆9878億円まで増益が継続しましたが、2020年3月期は1兆7891億円でした。 投資家が重視する「ボトムライン」でもある当期純利益(純損失)(当社の所有者に帰属)は、2016年3月期は1493億円の損失でしたが、その後は2017年3月期は4402億円の利益、2018年3月期は5601億円の利益、2019年3月期は5907億円の利益、2020年3月期は5353億円と利益となっています。

【関連記事】

最終更新:
LIMO