Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

転職を30代で考えてみよう! メリット・デメリットなどの情報を紹介

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

転職を考えたときに、年齢を気にする方もいるでしょう。 自分の年齢が転職に適しているのか、転職ができるのかなど、知りたいのではないでしょうか。 今回は転職を30代で考えている方や、これから転職を控えている方に30代という年齢に注目して役立つ情報を紹介していきます。

転職で30代の求められるスキルについて

転職では、業界にもよりますが30代の前半と後半で求められるスキルが大きく変わります。しかし、未経験者よりも即戦力となる経験者の方が有利であるでしょう。 30代前半の場合は、はっきりとした目標や熱意、その企業で何をしたいか自分が何を提供できるかを伝えることができ、将来的に中心となって仕事を任せられると判断されれば採用される確率は高くなる傾向があります。 これに対して、30代後半の場合は、何か1つの分野で即戦力となる強みが必要です。今までの知識や経験、マネジメント能力、スキルや人脈などを業務に生かせる人材が求められています。  ◆資格よりも何ができるのか・何がしたいのか 資格があることで有利な仕事もありますが、即戦力を求められる30代の場合は今まで何をしてきたかという経験を重視します。 自分のキャリアをしっかりと分析して、応募書類や面接でも、積極的にアピールできるようにすることが大切です。 業界研究・企業研究も念入りに行い、受ける企業のHPは最低限チェックして企業の求めている人材像の把握も必要です。その上でこれまでの経験やキャリアの中で仕事に生かせることは何なのか伝えるといいでしょう。     ◆リーダーシップや問題解決力があるか 転職で30代は、リーダーシップや問題解決力があるのかということがポイントです。 変化への対応力や柔軟性、課題の解決力、コミュニケーション能力を業務に生かせる人材を求めています。今まで培ってきたスキルをアピールしましょう。 ◆語学力やマーケティング能力があるか 30代で、語学力やマーケティング能力に優れていれば、即戦力につながるため強みとなります。 また、何か1つの分野でも即戦力になるものが1つでもあればそれが強みとなるのでアピールは必要です。改めて自身のキャリアの整理を行うことで自分の強みや保有スキルが明確化されてアピールに有効でしょう。

【関連記事】