Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

年収800万円を超えると結婚意向が下がる?結婚相手に求めることとは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

日本においては晩婚化が進み、2015年の生涯未婚率は男性で23.37%、女性で14.06%となっています(※1)。50歳の時点で一度も結婚したことがない人が、男性では4人に1人なのですね。 LINE株式会社では、日本全国の15歳から69歳の男女約5万人を対象に、出会い・結婚に関する調査を実施しました(※2)。結婚したいと思っているのか、結婚したい、もしくはしたくない理由は何なのか、調査結果を見ていきましょう。

結婚意向は前回調査から9ポイントダウン。若い人ほど低い

10代から40代の結婚していない男女に、将来の結婚意向について聞いたところ、「とてもしたいと思う」(36%)「まあしたいと思う」(28%)あわせて64%となりました。前回調査より9ポイント下がり、結婚したいという人は1割近く減ったことになります。 また、「結婚意向がある」人の割合を男女年代別で見ると、すべての年代で結婚以降は前回調査から減少しました。中でも男性10代では78%から67%、女性10代では80%から70%と、いずれも10ポイント以上減少しており、他の年代と比べて最も結婚意向が低くなっています。全体的に若い年代ほど結婚したい人が減っているようです。

結婚意向がない理由。男性は収入面で家族を持つ自信がない?

次に「結婚意向がある」人に、結婚したい理由を聞いたところ、男性はすべての年代で「好きな人といっしょにいたいから」が1位となりました。 女性の1位を年代別に見ると、「好きな人といっしょにいたいから」は10代のみで、20代は「子どもが欲しいから」、30代と40代は「精神的な安心感が得られるから」となりました。これを見ると、男性の方が純粋といえるかもしれないですね。 一方、「結婚意向がない」人に、結婚したくない理由を聞いたところ、男女すべての年代で「ひとりの方が自由/気楽だから」が1位となりました。10代、20代は男女ともに「趣味を優先したい/趣味に時間を使いたいから」が3位以内に入っています。 30代以降の男性では「経済的に不安だから」、30代以降の女性では「お互いの家族/親せき付き合いが大変そうだから」が上位に入っており、さまざまな要因で結婚に二の足を踏んでいることがわかりました。

【関連記事】