Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【12星座占い】<2020年下半期の恋愛運>鏡リュウジさんが占う牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座の運勢は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

「鏡リュウジの星座占い」。2020年の下半期の運勢をチェックして! 誰もが想像もしない期間となった上半期。激動の時代を生きる当事者となった今、自分らしく生きるとは? 2020年下半期あなたの運勢は? 自分の星座を選んでクリック! ★鏡リュウジさん 1968年、京都府生まれ。国際基督教大学大学院修了。心理占星術研究家・翻訳家。『鏡リュウジの 星がささやく未来予報カレンダー2020』(オレンジページ)が発売中。

「見えないつながり」の力を信じ、新しい考え方を取り入れていく

下半期は、いったん「風の星座」である水瓶座に移った土星が、7月に「土の星座」である山羊座へ戻ります。また、勝負の星である火星が守護星座の牡羊座に長期滞在するため、さまざまなものごとへの「熱いきっかけ」が生まれ、新しい道を切り開くかもしれません。 木星、土星、天王星、海王星、冥王星といった長い期間をかけて運命を動かすとされる天体の逆行もあり、「土」の時代によしとされてきた、たとえば家やお金、ブランド品といった物質的なものや伝統・文化の価値を再評価する動きも出てきそうです。 今は、大きな変化の中でまだまだ不安でいっぱいという人も多いでしょう。落ち着いたらぜひ、自分が「何に」不安を覚えたのかを確かめてみてください。「なくてもいいもの」、反対に「絶対ないと困るもの」。その違いが明確であるほどものごとに対して備える力がつくはずです。 「風」の時代は情報、それも“質のいい情報”が命。それらを取り入れる柔軟性も、幸運をつかむには欠かせません。木星と冥王星が重なる11月13日ごろには、「再生」の力が高まるため、ワクチン開発の一報にも期待したいですね。

【牡羊座】夢中になれる恋の予感が自分から告白も

意欲的な火星が恋の運も盛り上げてくれそうです。8月に大きな運気の上昇があり、出会いを求める人にとってはモテ期が、気になる相手がいる人にとっては成就のチャンスがやってくるでしょう。7月は、いい雰囲気になってもなかなか進展しないもどかしさがあるだけに、この夏はテンションが高まりそう。声をかけてくれる人との縁を大切にしてください。あなたのほうが積極的になりやすいのは9月。手が届きそうにない相手だからとあきらめず、ダメもとでアタックしてみるといいでしょう。 牡羊座のストレートな告白は相手の心にまっすぐ届きます。さらに運気の後押しがあるときですから、成功率はかなり高いといえそうです。運命の相手は気さくな顔をしてやってきます。以前からの知り合いで気心の知れた仲の友人から、恋人に昇格する人がいるかもしれません。オンラインゲームで長年一緒に遊んでいる相手など、通常であれば「顔も知らないのに」という関係でも恋に発展する可能性が。逆に、夏の間はお見合いや紹介など、かしこまった場での出会いは少ないといえそうです。さまざまな要因がすべて一致し、情熱的な恋へと結集するのが12月。長年交際しているカップルの場合は、結婚の決意を固めるときになるかもしれません。お互いを離したくない、一生をともにしたいという強い絆を手に入れるでしょう。 11月以降は、年上の相手との縁が高まってきます。生活の安定が結婚の条件に入っている場合は、堅実な職業についている人との出会いに注目を。気をつけたいのは貯金の有無。年収が高くても、入ったぶんだけ使ってしまう金銭感覚の人は運命の相手ではなさそうです。デートのたびに大盤振る舞いをしてくれるようなら、お金遣いの荒さを疑ってみるべきかも。

【関連記事】