Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バルサがバイエルンと激突、一発勝負を味方につけるチームは? CL準々決勝プレビュー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

一発勝負の準々決勝4試合をプレビュー

 欧州のサッカーシーンはいよいよ佳境へ。12日(日本時間13日)から2019-2020シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝が行われる。 【動画】CLで新しい伝説を作れるか…? 「マラドーナ以上」「サッカー史に残る」と衝撃、メッシ伝説の5人抜き弾の一部始終  今大会は新型コロナウイルスの感染拡大により、ラウンド16のセカンドレグが開催されている最中に複数の試合が延期に。さらに当初は5月に予定されていた決勝が延期となり、大幅な日程・会場・規則の変更を余儀なくされた。  大会は今月7~8日までにラウンド16が終了し、ようやくベスト8が出揃った。ここからはポルトガルのリスボン市内の複数会場で集中開催され、すべてが1試合で決着をつける一発勝負となる。さらに途中交代が3人から5人に増枠された点も見逃せない。いずれにせよ、普段とは異なるCLを楽しめるのは間違いない。  準々決勝4試合の先陣を切るのは、アタランタとパリ・サンジェルマンの一戦だ。  今季、セリエAで3位と好成績を収めたアタランタはラウンド16でバレンシアを相手に2連勝し、トータル8-4のスコアで粉砕。CL初出場ながらセリエA最多98得点の攻撃力を武器に、フランスの王者に挑む。  シーズンが打ち切りとなったリーグ・アンで3連覇を成し遂げたパリ・サンジェルマンは国内3冠を達成。最大目標ともいえるCL制覇に向けてモチベーションは高い。悲願の欧州初制覇に向けて、ここも通過点にしたい。  日本時間14日に行われるRBライプツィヒ対アトレティコ・マドリードも興味深い。  RBライプツィヒは今季ブンデスリーガで2年連続3位のチーム。ラウンド16ではトッテナムに2連勝し、2戦合計4-0の完勝を収めた。しかしながらエースのティモ・ヴェルナーのチェルシー移籍が決まり、残り試合は不在となる。その影響だけが懸念材料だ。  対するラ・リーガ3位のアトレティコ・マドリードは約半年前に戦ったラウンド16で、前回大会王者で今季のプレミアリーグ覇者でもあるリバプールに2連勝。当時の勢いをキープできていれば一発勝負への大会方式変更はポジティブに作用するはずだ。

【関連記事】