Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新垣結衣、宮沢りえ、前田敦子…美しすぎるマスクコーデ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NEWS ポストセブン

 Go Toキャンペーンなど、経済を再び活性化させようと動き始めたウィズコロナ時代において、芸能界でも徐々に活躍の場が戻りつつある。センスや個性の光るファッションとともに定着したのが、マスクを意識したコーデだろう。 【写真24枚】黒カットソーを着て肩にはチェーンバッグを掛けた宮沢りえの全身姿。さらに長澤まさみ、常盤貴子、杏、松本穂香、加賀まりこのマスクをしたおしゃれ全身姿

「視聴者やファンからの期待に応えるために次々、撮影や収録が再開されていますが、タレントらはほとんどの場面でマスクを徹底しています。そのためか、かつて以上にマスクを考慮したトータルコーディネートが、完成されたものになってきています。特に女優さんたちはセンスが抜群です」(スタイリスト)  黒のカーディガンやストールでふわっとしたシルエットを作り、キャップとマスクを合わせる姿が6月中旬に目撃されたのは新垣結衣(32才)だ。ドラマでは「ヤンキー姿」も披露したが、さまざまなギャップある姿を見せるのも、彼女の魅力だ。  宮沢りえ(47才)は6月下旬、大き目の立体型マスクをつけ、ワイルド感あるダメージジーンズ姿で娘とともに外出。リラックス感のある黒のカットソーや大ぶりなアクセサリーをアクセントにしていた。  シンプルだがどこか大人な魅力溢れる夏らしいコーデをしたのは7月下旬、仕事帰りの常盤貴子(48才)。りえと同世代の常磐は、ふんわりとしたニュアンスピンクの大きめサイズワンピを着て、マスクはやさしい生地の布マスクを合わせるという大人なチョイス。

 8月下旬、現場をはしごする松本穂香(23才)が目撃されたが、松本は車の中でも降りてからもマスクをしっかりつけていた。そんな松本だが、この日はアースカラーのロングな襟付きワンピをチョイス。フロントボタンの夏らしいアイテムで、ドラマやCMにと活躍する旬な女優の“らしさ”が光っていた。  昨年、第一子を出産した前田敦子(29才)も光るコーデを見せてくれた。夫の勝地涼(34才)との別居報道後には髪をベリーショートにしたが、それに合う袖口が細いカットソーに白のワイドパンツで歩いていたのは8月の暑い日。子供を抱っこするママの姿も見せたが、抜群のスタイルを維持していた。 「仕事で多忙だったり育児に追われる中、シンプルながら目を引く着こなしができるのはさすがです。2人とも夏になって髪をかなりさっぱりさせましたし、飾らない感じでもまとめ上げられるセンスを感じました」(前出・スタイリスト)

【関連記事】