Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

[更新]新iPad Air「逆転現象」、ラインナップに浮かぶアップルの競合戦略…その先にはアップルシリコンMacがある

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

2020年秋のアップル新製品発表は、例年とは違いiPhoneからではなく Apple WatchとiPadから始まった。 【全画像をみる】[更新]新iPad Air「逆転現象」、ラインナップに浮かぶアップルの競合戦略…その先にはアップルシリコンMacがある 今回発表されたのはベーシックモデルである「iPad(第8世代)」と、その上位モデルにあたる「iPad Air(第4世代)」。miniは2019年、Proは2020年春にモデル更新が行われているので、これで、iPadのフルラインナップの入れ替えが完了したことになる。 では、それぞれの製品はラインナップの中でどういう位置付けなのか? ライバル製品との関係をアップルはどう考えているのか? そうした部分を分析してみよう。

ライバルはタブレットではなく「PC」「Chromebook」

アップルは「iPadが顧客に支持された製品である」ことを毎回アピールする。確かにそれは事実だ。アップルのティム・クック CEOは、発表会の中で「iPadは10年で累計5億台売れ、継続的に支持されている」と話した。それはある意味、「改善を継続してきた強み」でもある。 iPadが登場して10年の間に、タブレット市場に見切りをつける企業が多いなか、アップルは(言葉を選ばずに言えば)「しつこく製品を改善し続けた」結果、累計5億台という数を売るだけのシェアを獲得した。 価格にフォーカスした製品を別にすれば、iPadに競合する商品性を持つタブレットを販売するメーカーの方が、いまや少数派だ。 以前からそうだが、アップルはiPadを他社の「タブレット」とあまり比較しない。 今回も、アップルが主に比較対象として挙げたのは主に「他社のPC」、そしてアメリカの教育市場で大きなシェアを持つグーグルの「Chromebook」だった。Androidタブレットよりもそちらへの言及が多かった。 それらの機器とは教育市場や低価格な個人向け市場で競合しており、性能・機能の面で圧倒している……というのが、アップルの今の主張なのだ。

ひたすらコスパ重視の「第8世代iPad」

その前提に立つと、今回のアップルのラインナップの狙いは非常に明確だ。 キーボードやペンといった周辺機器には全ラインナップ(miniについては純正キーボードはないが)で対応し、サードパーティ製品も豊富。性能では他社を圧倒している……というメッセージングだ。 とりわけそれがよくわかるのが、スタンダードな「iPad」だ。 今回の製品のポイントは、プロセッサーが「A12 Bionic」になったことにある。メモリーやクロック周波数などの詳細は不明だが、A12 Bionicは現行のiPad ProやiPad mini、iPhone XSと同じ世代のプロセッサーであり、iPad Airの2019年モデルと同じもの。今でも十分に高性能だ。 (新型iPadと同じチップを搭載する)2019年版iPad Airは最廉価モデルで5万4800円(税別)。ストレージ量が半分の32GBになるとはいえ、価格が実質2万円ダウン。ストレージを128GBにしてもまだ1万円安い。 教育市場での競合は激化しており、アップルとしても、この市場は落とせない注力領域だ。だからこそ、従来以上に商品力を高めたモデルを投入したのだろう。 デザインがリニューアルされておらず、ホームボタンなどの構成やインターフェースが今までのままなのも、「価格重視」というこの市場の特性をあらわしている。

【関連記事】