Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

映画界の名匠が手掛けた濃密な群像劇!「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」の“3つのポイント”とは【レコメンW】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOVIE WALKER PRESS

映画並みのスケールと、海外ドラマばりの中毒性…そんなドラマ、観たくありませんか? WOWOWが贈るオリジナルドラマには、映画ファンや海外ドラマファンが、日本のテレビドラマに感じてきたであろう“物足りなさ”を払拭するような作品が目白押し。 【写真を見る】映画ファン必見!答えのない問いに向き合うエモーショナルなヒューマンドラマでやみつきに この連載企画「レコメンW」では、映画ファンの代表として映画プラットフォーム「MOVIE WALKER PRESS」の編集部、海外ドラマファンの代表として雑誌「DVD&動画配信でーた」の編集部がタッグを組み、必見のWOWOWのオリジナルドラマをレコメンドしていきます。 「日本のドラマはあんまり…」と思っている映画ファンも、海外ドラマファンも、この連載を読めばWOWOWのオリジナルドラマの魅力に気づくこと間違いなし。第8回となる今回は、「MOVIE WALKER PRESS」編集部の魚田が「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」(全6話)の必見理由をご紹介します! ■WOWOWのオリジナルドラマ「連続ドラマW」って? WOWOW独自のドラマ製作プロジェクトとして2003年にスタートした長編ドラマ枠「ドラマW」。市川崑監督や大林宣彦監督ら日本映画界のレジェンドたちが手掛けた作品は大きな話題を呼び、2008年からは連続ドラマ枠「連続ドラマW」の製作も開始。濃密な人間ドラマから骨太な社会派ドラマ、映画スケールのアクションや本格ミステリーなど幅広いジャンルの作品を次々と生みだし、これまで「東京ドラマアウォード」や「日本民間放送連盟賞」など数多くの賞を受賞している。 ■今回レコメンドするのは「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」! ベストセラー作家の薬丸岳が2009年に発表した小説「悪党」を、『64-ロクヨン- 前編/後編』(16)や『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、現在公開中の『糸』などの人間ドラマを数多く手掛け、ベルリン国際映画祭の受賞歴も持つ瀬々敬久監督が連続ドラマ化。東出昌大演じる元警察官の探偵、佐伯修一が、犯罪被害者遺族としてのトラウマを抱えながら犯罪加害者たちの現状を調査し、憎しみと赦しの狭間で葛藤していく姿がスリリングかつエモーショナルに描写されていく。 捜査中に問題を起こし警察を辞めることになった佐伯は、木暮(松重豊)が所長を務める探偵事務所で働きはじめる。ある時、とある夫婦から「息子を殺し、少年院を出て社会復帰している加害者の男を追跡調査してほしい」という依頼を受けた佐伯は、調査対象である坂上(青柳翔)に接近。彼がリーダーをしている振り込め詐欺グループに加わった佐伯は、夫婦からの「許すべきか否か、その判断材料を見つけてほしい」という依頼に、ある結論を見出していく。そして「犯罪加害者の追跡調査」を続けるなかで様々な犯罪加害者のその後に触れ、やがて15年前に佐伯の姉・ゆかりを死に追いやった3人の“悪党”へとたどり着くことになる。 これが連続ドラマ初主演となった東出や、稀代のバイプレイヤーとして多方面から絶大な信頼を寄せられている松重。さらには板谷由夏や新川優愛といった盤石のレギュラーキャストに加え、各エピソードのゲスト出演者も豪華な顔ぶれが揃ったことも大きな話題に。犯罪の被害者遺族は加害者とどのように向き合うべきなのか。そんな答えのないテーマに真正面から向き合った本作の見どころとなる“3つのポイント”を、類似したテーマを持つ映画作品と絡めながらレコメンドしていこう。 ■レコメンド1 名匠・瀬々敬久の骨太な演出 普段はSFやファンタジーといったハリウッド大作を好んで観るという「MOVIE WALKER PRESS」編集部の魚田だが、瀬々監督の手掛けた作品は複数観ていると明かす。本作については「回を重ねていくごとにどんどんおもしろくなっていって、とても見応えがありました!」と声を弾ませながら絶賛する。 「個人的に一番魅力的だったのは、東出さん演じる主人公の佐伯と、彼が調査の過程で知り合って恋仲になっていく新川さん演じるはるかとの関係性でした。すごくズシリとくる物語が展開していくなかで、2人のラブストーリーがあることでより佐伯という人物の内面が描かれていると感じました。それに、青柳さんをはじめとした各エピソードに登場する加害者たちも、ただの“悪党”としては描かれていない。人間の生々しい闇の部分がすごくリアリティを高めてくれていましたね」と各登場人物の描き込みについて熱弁をふるう。 「主人公となる人物の心の葛藤を描きながら、周りの登場人物にもしっかりと意識を配る演出は、まさに瀬々監督らしさがあると感じました。重厚で緊迫感のあるサスペンスと、感動的なドラマのバランス感は『64-ロクヨン-前編/後編』にも通じていますよね」。瀬々監督が前編で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した『64-ロクヨン-前編/後編』は、昭和64年に起きた未解決の少女誘拐事件をめぐって警察内部の対立や記者との衝突を描いたサスペンス大作。時効まで1年を切ったタイミングで、手口から要求まで似通った新たな誘拐事件が起きる衝撃的な展開と、佐藤浩市演じる主人公らのドラマが緻密に交錯していく。 「被害者や加害者ら事件関係者たちが過去の事件とどう向き合うのか。何年経ってもそこに終わりがないんだということを改めて考えさせられました。『64-ロクヨン-前編/後編』と本作、そして昨年秋に公開された『楽園』も、すべて同じところでつながっているように思えます」と、近年の瀬々監督の映画作品が持つ、ひとつの大きなテーマのなかに本作も含まれていることに着目。連続ドラマWの醍醐味のひとつである、日本映画界を担う実力派監督の演出をすっかり堪能したようだ。 ■レコメンド2  実力派キャストが共演!探偵の新たな魅力を引きだす群像劇 そんな本作でやはり見逃せないのは、俳優たちが見せる魅力的な演技の数々だ。「東出さんは対象者を追跡しているときにボイスレコーダーを使ったり、さりげなく盗撮したり、車の中から鋭い目で張り込みをしていたりという探偵らしい姿がすごくさまになっていましたね。それに普段はクールな感じなのに、たまに感情を爆発させたり、人情で動いたりするギャップにもとても魅了されました」。 また探偵事務所の所長を演じる松重のいぶし銀的な存在感には、とくにうっとりした様子で言葉に熱がこもる。「松重さんといえば『アンナチュラル』で見せてくれた少し飄々としているけど、いざという時に頼り甲斐のある上司のような役がすごく似合いますよね。本作でも最初は商魂たくましいおじさんだったのが、佐伯との過去が明らかになっていく辺りからすごく頼り甲斐がでてきて。観ているだけで安心感がありました。ああいう上司に憧れますよね(笑)」と、探偵を演じるメインキャストの好演に太鼓判を押す。 「個性的な探偵の活躍を軸にして、事件関係者の内面を深く描いていく部分は『ゴーン・ベイビー・ゴーン』を思い出しましたね」と、『アルゴ』(12)でアカデミー賞作品賞を受賞したベン・アフレックが長編監督デビューを飾った探偵映画の傑作を例に挙げる。同作では、ボストンで私立探偵を営むカップルが少女誘拐事件の捜査をしながら、事件の裏に隠された大きな闇に触れる姿が描かれていた。 「探偵といえば『名探偵コナン』のように目の前にある難事件に向き合うというイメージが強くありますが、『ゴーン・ベイビー・ゴーン』や本作では、また新たな探偵のイメージを提示してくれたように思います。観終わった時に、こういう感じなら探偵になってみたいな、と少し思いました(笑)。もし私が加害者調査を依頼されたら、佐伯のように被害者の人の立場に立って考えられたらいいな、と」。 ■レコメンド3 薬丸岳原作による重層的なサスペンス・ドラマ 全6話で展開していく本作は、佐伯が姉を殺した男たちに近付いていくというひとつの軸がドラマ全体を通して描かれながら、同時に1話ごとに異なる依頼者が登場し、それぞれの事件の加害者との物語が描きだされていく。「第2話では親子の物語が、第3話では姉と弟の物語が描かれていて、どちらの話も心に突き刺さるものがありました。意表を突かれてしまって、もう涙なしでは観られませんでした…」と、そのドラマ性の高さについて語る。 なかでも感動的だったのは、最終話で佐伯が姉の事件の加害者の母親に会いに行く場面だという。「それまでのエピソードでも、依頼主が被害者の遺族であり加害者の家族でもあるという展開はありましたが、やはり主人公である佐伯が自身の追っている事件の加害者やその家族と対面する場面はすごく重要な場面で、見応えがあります。同じ薬丸岳さん原作、瀬々監督コンビの『友罪』も加害者の視点から事件が起きた理由について迫っていましたが、本作にも共通している加害者の“贖罪”のドラマはとくに見逃せない部分だと思います」。 生田斗真と瑛太(永山瑛太)がダブル主演を務めた『友罪』は、過去に世間を震撼させた凶悪事件を起こした男と、自身もある罪によって苦悩してきた男が出会うことからはじまるヒューマンサスペンスだ。「サスペンスフルな展開で描かれる物語の向こう側に、こちらの想像を上回るほどの硬質なドラマ性を待っているのが薬丸さんの小説の魅力ですよね。それが映画ではなく、こうして連続ドラマで展開したことで、さらに深く描かれていると感じました。それに瀬々監督の作風ともぴったりマッチしていますし、薬丸岳さんと瀬々監督の3度目のタッグにも期待しています」。 … 最後に魚田は、「最初は『連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~』というタイトルを見た時に、きっと男性向けのものだという勝手な先入観を持ってしまいましたが、決してそんなことはなかったです。サスペンスでミステリー、人間ドラマでありラブストーリーでもある。いろんな視点から見られる裾野の広さは、女性はもちろん、あらゆる世代や境遇の人たちにとっても心に響くのではないでしょうか」と、本作で描かれる物語の普遍性に言及した。 「連続ドラマW 悪党 ~加害者追跡調査~」(全6話)は、9月19日(土)24時よりWOWOWプライムにて一挙放送。2021年4月30日(金)までWOWOWメンバーズオンデマンドで好評配信中。 文/久保田和馬

【関連記事】