Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

10番碓氷直弥率いる都立福生が明法に快勝

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
高校サッカードットコム

 9月6日、第99回全国高校サッカー選手権大会の東京都予選1回戦、明法対都立福生の一戦が行われた。 【日程結果】第99回全国高校サッカー選手権東京予選  明法は長身FW18番佐野直輝をターゲットとしながら、9番望月陽斗、10番田中湧大、7番玉川夏暉のパスワークで攻撃を展開。特に10番田中湧大は身体を上手に使いながら左サイドを突破していく。  対する都立福生は、前線に23番志沢龍飛の身体を活かしたポストプレーと14番程内一斗の裏への抜け出しを組み合わせ、11番田邊心が右サイドで勝負をしかける。10番碓氷直弥は左サイドで攻守に存在感を発揮する。  前半15分、都立福生11番田邊心が右サイドを突破し、23番志沢龍飛が中で合わせ先制点を挙げる。  同22分、明法10番田中湧大のパスから、9番望月陽斗と3番橋翔太朗が左サイドを連携で崩すと、再度9番望月陽斗が中でボールを受ける。しかし、放ったシュートは1番GK江浦夢叶に阻まれてしまう。  ボールを保持しながら相手を崩そうとする都立福生と、守備で相手を待ち構えながらパスを数本繋いだショートカウンターで相手を崩そうとする明法。  前半29分にも、明法のコーナーキックのチャンスに3番橋翔太朗がキーパーの手前でアウトサイドでコースを変えるも、1番GK江浦夢叶がこれに反応。1点を返したい明法だが、決めきる事が出来ない。  前半はこのまま1-0で都立福生リードのまま折り返す。  後半3分、都立福生は10番碓氷直弥が左サイドで鋭い突破からクロスを上げる。23番志沢龍飛がファーサイドでヘッドも、僅かに枠を外れる。  同8分、都立福生は6番宮崎雄也のスルーパスに13番今村凌介が左サイドで反応し、クロスを上げると、14番程内一斗が中でスルーし、9番村野天飛が落ち着いてこれを決め、リードを2点に広げる。  2点のビハインドとなった明法は失点直後に10番田中湧大が左サイドからチャンスを作るも、ゴールまで辿り着けない。後半は10番田中湧大に加え、11番赤間響が右サイドで万能さを発揮する。  攻撃の手を緩めない都立福生は更に後半13分、都立福生10番碓氷直弥が左サイドで蹴ったフリーキックに、4番早坂翔生が打点の高いヘディングを決め、3-0と突き放す。  同28分、都立福生は8番八谷直樹が遠目から放ったミドルシュートが決まり、4-0。このまま試合は終了し、10番碓氷直弥率いる都立福生が4-0で勝利をおさめ次戦に駒を進めた。 (文・写真=編集部)

【関連記事】