Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

残暑に気を付けたい「犬の冷房病」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
いぬのきもち WEB MAGAZINE

暑い季節、犬と暮らしているとエアコンは必須アイテムですよね? でも、エアコンの効いた部屋で過ごしていると、愛犬が「冷房病」になる可能性があるので体調の変化に気をつけることが必要です。犬の「冷房病」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

冷えや寒暖差を繰り返すと犬も冷房病になる

犬も人と同じように、冷房に当たり続ける、体が冷え過ぎる、冷え過ぎた部屋から外に出ることを繰り返すことで自律神経が乱れたり、元気がない/食欲不振/嘔吐/下痢/咳/鼻水など全身の不調を起こすこと「冷房病」にかかることがあります。 部屋の冷房によって犬が寒がっている場合は、冬と同じように布団や毛布を用意したり室温設定を少し高くする、食事は冷たいものを与えないなど、体が冷え過ぎないように気をつけましょう。

冷房病を恐れずに、まずは熱中症の対策を!

冷房病を恐れて愛犬を室温の高い部屋で過ごさせると、熱中症を起こす可能性が高まります。犬は全身毛に覆われていること、地面からの温度の影響を受けやすいことから、冷房病よりも熱中症の方が犬の死亡するリスクが高いのです。 まずは熱中症にならないようにすること、また冷房を使用することで愛犬の体調変化に気がついたら、動物病院を受診しましょう。

室温管理で熱中症と冷房病を予防しよう!

犬の体温調節の機能は個体差があるので、暑がりの犬もいれば寒がりの犬もいます。 寒がりの犬だと、冷房の効いた部屋でお腹が冷えやすくなりますが、真夏に冷房のない部屋で過ごすと、今度は熱中症や夏バテを起こしやすくなります。

①熱中症予防

暑い時期は冷房をつけ、犬がパンティングや体で大きく呼吸しないように室温を設定しましょう。パンティングしやすい犬には、室温を低めに設定する必要があります。朝や夜など、ときどき窓をあけて換気を行ってください。

②冷房病予防

体が冷えやすい犬は、冷房が直接当たらないように気をつけましょう。寒がる場合は洋服や布団が必要です。他にも、マッサージで全身やお腹の冷えをサポートすることでリラックスできたり、温たまることで、内臓や自律神経の働きが安定しやすくなるため、冷房病の予防になります。 まだまだ暑い毎日、飼い主さんも冷房で体調を崩しやすい時期です。愛犬と共に体調管理に気をつけましょう! 監修:いぬのきもち獣医師相談室 文/maki ※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです ※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

いぬのきもちWeb編集室

【関連記事】