Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

虹のコンキスタドール12人の新たな物語の始まり、32曲に感情詰め込んだ豊洲PIT無観客ライブ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
音楽ナタリー

虹のコンキスタドールの無観客生配信ライブ「無観客"Summer"ワンマンLIVE The Beginning of 12Stories」が9月12日に開催された。 【写真】虹のコンキスタドール「無観客"Summer"ワンマンLIVE The Beginning of 12Stories」の様子。(メディアギャラリー他84件) 当初、虹コンは7月よりライブツアー「"RAINBOW GRAVITY" THE SUMMER TOUR 2020」を行い、9月12日に東京・チームスマイル・豊洲PITでファイナルを迎える予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大状況を受けて全公演の開催を延期。その代替企画として、ツアーファイナルと同じ日程と場所で無観客ライブが実施されることになった。公演の模様は7月に行われた結成6周年記念ライブと同じく、Streaming+を通して有料生配信された。 豊洲PITのステージに上がった虹コンは向かい合って1人ずつ意気込みを述べ、メンバー同士背中を叩いてお互いを鼓舞する。そして気合い十分の12人は応援ソング「響け!ファンファーレ」でライブをスタートさせ、サマーチューン「ずっとサマーで恋してる」「愛をこころにサマーと数えよ」などを立て続けに披露。ライブ序盤からハイテンションかつパワフルなパフォーマンスを繰り広げた。 最初のMCではメンバーが元気よく自己紹介したのち、ステージ上に運び込まれた演目台の紙をめくり始める。そこには「ぐらびてぃつあー」という文字が書かれており、「"RAINBOW GRAVITY" THE SUMMER TOUR 2020」を視聴者と共に疑似体験するパフォーマンスが展開されていく。虹コンはツアーの開催予定地だった全国9カ所をイメージしたこの日限りのバージョンで楽曲を披露し、その土地と縁のあるメンバーをフィーチャー。「愛だけ叫んで(仙台公演ver.)」では山本莉唯、「Magic The Labyrinth(名古屋公演ver.)」では片岡未優、「恋のプレリュード(大阪公演ver.)」では岡田彩夢、「奇跡100%(福岡公演ver.)」では隈本茉莉奈、「ぼくらのターン(和歌山公演ver.)」では清水理子がメインで歌唱し、自らセレクトした楽曲を届けることで凱旋公演を開催できなかった悔しさを昇華した。 豊洲PITのステージ上で一気に全国を駆け巡った虹コンは、続いてサジタリアス流星群(虹コン青組)、虹のコンキスタドール赤組、ジーニアス6といったユニットの楽曲をパフォーマンス。9月16日にリリースするニューシングル「サマーとはキミと私なりっ!!」の収録曲「Fancy Friday Night」や、シティポップナンバー「ワンルームマジック」も披露し、メロウな雰囲気を作り出して画面越しにファンを魅了した。 ライブ中盤にはリーダー的場華鈴が「この無観客ライブの開催を発表したとき、みんながすごく応援してくれて。中には『ほかのグループは観客を入れてライブをやっているのに、なぜ虹コンはやらないんだ』という声もあったんですけど、そう思うくらいみんなが虹コンのライブを求めてくれているんだなと気付きました。私たちもみんなの声が恋しくなったりするんですけど、今は我慢のときというか、来年、再来年を虹コンの年にするための期間だと思っています……本当はライブしたいよ! でも、何より皆さんが元気でいることを優先して、万全な状態になったら心の底から楽しいライブをしたいなと思っています」とファンに向けて挨拶。的場の「みんなで大きな声を出して、いっぱい踊って楽しめるライブができる未来を願ってこの曲を歌いたいと思います」という言葉を経て、セリフパートに12人の感情を乗せた「あなたと見る青空に明日も虹が架かりますように」が届けられた。曲の後半、虹色の照明に照らされながら目に涙を浮かべるメンバーもいた。 さらにエモーショナルなナンバー「夕暮れグラデーション」を響かせた虹コンは、ここから怒涛のラストスパートを展開。ファンキーなサウンドの新曲「週刊少年少女アイドル」、バレンタインソング「戦場の聖バレンタイン」「本命ショコラティエ」、ライブの人気曲「in(door)the Summer」、最新の夏曲「サマーとはキミと私なりっ!!」などを息付く暇もなくノンストップで畳みかけ、ファンから呼ばれている“体力おばけ”という称号をこの日のライブでも体現してみせた。 アンコールでは「ブランニューハッピーデイズ」の曲中に大和明桜が次々に吉報を発表。虹コンがスキーおよびスノーボード用品販売イベント「冬スポ!! WINTER SPORTS FESTA」のCMソングを4年連続で担当すること、2021年2月3日にニューシングル「恋・ホワイトアウト」がリリースされること、10月に定期配信ワンマンライブがスタートすることを告げ、「虹コン、どんどん突っ走っていくぞー!」と声高らかに叫んだ。そしてこのライブを締めくくるラストナンバーとして披露されたのはキラーチューン「トライアングル・ドリーマー」。ファンから事前に募集したMIXやコール、ガチ恋口上の音声がメンバーの歌とダンスに合わせて流れ、無観客ライブながら大きな一体感が生み出された。約2時間半にわたって計32曲を歌いきった12人は1列に並び、カメラに向かって一礼。達成感にあふれた表情を浮かべてステージをあとにした。 ■ 虹のコンキスタドール「無観客"Summer"ワンマンLIVE The Beginning of 12Stories」2020年9月12日 セットリスト SE. overture 01. 響け!ファンファーレ 02. ずっとサマーで恋してる 03. 愛をこころにサマーと数えよ 04. ジャポニジフェス 05. LOVE麺 恋味 やわめ(香川公演ver.) 06. 電光石火、夏花火。(広島公演ver.) 07. Snowing Love(新潟公演ver.) 08. 愛だけ叫んで(仙台公演ver.) 09. Magic The Labyrinth(名古屋公演ver.) 10. 恋のプレリュード(大阪公演ver.) 11. 奇跡100%(福岡公演ver.) 12. レトルト~華麗なる愛~(札幌公演ver.) 13. ぼくらのターン(和歌山公演ver.) 14. バスルームマジック 15. 真夜中のテレフォン / サジタリアス流星群(虹コン青組) 16. 天文学的ノンフィクション / 虹のコンキスタドール赤組 17. Genie! Genius! / ジーニアス6 18. Waiting Wedding 19. Fancy Friday Night 20. ワンルームマジック 21. あなたと見る青空に明日も虹が架かりますように 22. 夕暮れグラデーション 23. 週刊少年少女アイドル 24. +ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド+ 25. 戦場の聖バレンタイン 26. 本命ショコラティエ 27. キミは無邪気な夏の女王~This Summer Girl Is an Innocent Mistress~ 28. in(door)the Summer 29. やるっきゃない!2018 30. サマーとはキミと私なりっ!! <アンコール> 31. ブランニューハッピーデイズ 32. トライアングル・ドリーマー ※「+ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド+」の「+」は十字架マークが正式表記。

【関連記事】