Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

佐藤慎太郎が差し切って準決勝へ「ワンツーで決まって良かった」/伊東:共同通信社杯

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

<伊東競輪場:共同通信社杯>G2◇12R S級二予選◇19日  昨年のグランプリ覇者・佐藤慎太郎(福島)が差し切り、準決勝に駒を進めた。人気の松浦悠士(広島)が打鐘とともに7番手から一気にスピードを上げて先頭に。そのまま主導権を握るも、松浦の番手で脚を溜めていた佐藤がゴール直前で差し切った。 【動画】佐藤慎太郎が差し切った12R  人気の一角だった郡司浩平(神奈川)が大敗したこともあり、2車単は8番人気の1-9、2050円。3連単は40番人気の1-9-3、1万3880円と万車券決着に。  松浦の仕掛けに乗り差し切った佐藤は、「(先行を務めた松浦は)本当に素晴らしいの一言。仕掛けどころといい、ペース配分といい、レースの見極めといい、やっぱり一流の選手だなと。自分の脚に自信を持っているんだなと、後ろから見ていて感じました。前であんな風に頑張ってくれる選手の気持ちは嬉しいので、ワンツーで決まって良かった。(滴り落ちる汗が爽やかですねという質問に)爽やかさを売りにしているので、そう言ってもらえると嬉しいです」と佐藤流のジョークを交えながら、連携した松浦に感謝した。 (ABEMA/競輪・オートレースチャンネルより)

【関連記事】