Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今秋登場!? 次期ノートはバカ売れトヨタヤリスを打ち落とせるか? 

配信

ベストカーWeb

    2020年2月に登場したトヨタヤリスが絶好調だ。3月は13,164台、4月は10,119台、5月は10,388台と、レンタカーやフリートとしての初期受注分が含まれているにしろ、コロナ禍など全く感じさせない順調ぶりをみせている。 【画像ギャラリー】国内コンパクトカーの3強! 「ノート・ヤリス・フィット」の歴代モデルを写真で振り返る   同時期に出たホンダフィットを抑え、国産コンパクトカーカテゴリで、いま最も人気のクルマだ。   このヤリス、そしてフィットと、ガチンコ競合となる「日産ノート」も、今夏から今秋のモデルチェンジがウワサされている。   ノートは、2017年から3年連続で、コンパクトカージャンルでナンバーワンの販売台数を誇っている、このジャンルの王者だ。2018年には、トヨタの「アクア・プリウス」をおさえて登録車販売台数でトップにもなっている。   しかし、今年2020年は、ヤリスそしてフィットの登場で低迷している。次期型ノートは、バカ売れヤリスを打ち落とし、反撃の狼煙を上げることはできるのだろうか。  文:吉川賢一/写真:NISSAN、RENAULT、TOYOTA、HONDA

「実燃費の良さ」をさらに伸ばせ! 

    e-POWERの実燃費の良さは、現行ノートの魅力のひとつだ。信号の多い街乗りであっても20km/Lは下らず、信号が少なければ、30km/Lに届くかのような燃費をたたき出すことができる。41L程度の給油タンク容量(ガソリン車も同じく41L)なのに、100km走行した直後の航続可能距離が、800と出たのには驚いた。   新型ヤリスHYBRIDは世界トップレベルの36.0km/L(WLTCモード)、新型フィットe:HEVも27.2~29.4km/L(WLTCモード)を達成しており、新型ノートにもWLTCモード燃費で30km/L以上を期待したい。   また、ヤリスHYBRIDも、フィットe:HEVも、高速走行ではエンジン走行が可能であるため高速での燃費に優れるが、常にモーター駆動のe-POWERは、彼らに劣りはしないものの、街乗り時ほどの恩恵を受けることはできない。高速走行でも、彼らを圧倒する燃費を実現することができれば、e-POWERはさらに素晴らしいシステムとなるだろう。

【関連記事】