Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

炭火で焼けば何でも美味い、キャンプ焚き火に挑戦【ソロで楽しむバイクキャンプ入門】

配信

WEBヤングマシン

最近のキャンプ場は、直火はNGだが焚き火台を使えば焚き火OKという所が圧倒的に多い。もはや焚き火を目的にキャンプするライダーも多いと漏れ聞く。本特集のラストとして、キャンプ大好き二輪ライター・ヤタガイが、キャンプ最大の楽しみ=焚き火を成功させる秘訣を伝授する。 〈関連写真×17枚〉炭火で焼けば何でも美味い、キャンプ焚き火に挑戦【ソロで楽しむバイクキャンプ入門】

焚き火もやらずにナニがキャンプかっ!?

昔は地面で直接火を起こす、いわゆる“直火”の焚き火しかななく、焚き火を楽しむためには直火OKのキャンプ場を探す必要があったが、最近は状況が一変。焚き火台が流行したことで、むしろ焚き火ができないキャンプ場を探す方が難しいぐらいだ。 バイクで持ち運べる焚き火台となると、種類はまだ限られてしまうが、愛車を眺めながら焚き火をいじり、走ってきた道程を思い返す時間は一日のクライマックス。ぜひともキャンプツーリングに取り入れたいところだ。 〈写真02〉バイクで持ち運べる焚き火台には、写真左のデイトナ ツーリングフラットグリル189(4620円)のようなグリルタイプと、一般的な40cmサイズの薪が燃やせる大型の焚き火台がある。薪に比べて高温になる炭が使えるかどうかも、焚き火台選びのポイントになる。 〈写真03〉焚き火台の他には、薪、雑に使える革手袋、ロングタイプの着火ライター、薪の長さを揃えるノコギリ、火ばさみ。この他、薪を細く割って燃えやすくするためのナタがあれば完璧。

火起こしは”熱”コントロールに注力

一般的な焚き火の燃料は、薪と木炭。薪の種類は針葉樹(火付が良く焚き付けに便利だが火持ちが悪い)と広葉樹(火付は悪いが火持ちが良い)がある。ちなみに、ホームセンターなどでよく見かけるBBQ用の炭は火付きがあまり良くないので、針葉樹の薪で火を起こしてから炭をくべた方が手っ取り早い。 〈写真04〉左から広葉樹、針葉樹、木炭。 〈写真05〉マッチ1本で頑張る、マグネシウムスターターを使うなど、火起こしの流儀は人それぞれだが、初心者におすすめなのは着火剤。おすすめはロゴスの防水ファイヤーライター。火力も十分で火持ちもいいため使いやすい。僕はジップロックに2~3個ずつ小分けにして持ち運んでいる。 〈写真06〉最初に使うのは火付きのいい針葉樹の薪。商品として売られている薪ならしっかり乾かされているので、よほどのことがない限り着火で失敗することはないハズだ。 〈写真07〉焚き火は”燃焼”という化学変化。対象物を高温化して、十分な酸素を送るだけで勝手に燃えてくれる。なので、着火する中心部に空気がある程度通りながらも、熱が溜まるよう意識して薪を組もう。 〈写真08〉炎は下から上へと広がることを意識して着火剤をセット。何度も言うようだが、火床の上部にしっかり熱がこもるようにしながら、ある程度空気を流すように組むことが大切。着火が成功するかどうかはこの時点で9割がた決まる。 〈写真09〉ロングタイプの着火ライターを使えば、薪の奥に置いた着火剤にだって着火しやすい。着火時は薪をケチらず、ある程度の量を使うのも失敗しない秘訣だ。 〈写真00〉一発着火でひと安心。一方、流木や枯れ枝、廃材など十分に乾いてない木を燃やす場合には、細く割って燃えやすくしたり、より熱がこもるようする工夫など、丁寧に火を育てる必要がある。 〈写真11〉写真のようにしっかり炎が立ち昇っていればまず消えることはないが、逆に燃え尽きるのも早い。針葉樹は10分も目を離すと中心部分があらかた燃え尽きてしまうので注意。勢いよく燃えたところで火持ちのいい広葉樹を投入する。調理のための炭火が欲しいなら、この時点でBBQ用の炭をくべておけば数分で炭全体に火が回る。 〈写真12〉使用した焚き火台は、ユニフレームのファイヤースタンドIIだ。

【関連記事】