Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アルコール消毒しすぎて「手荒れ」が…。 医師が「手荒れ」の原因、種類、対策、ケア方法を詳しく解説!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

日本国内でコロナウイルスの流行が始まってから、そろそろ4カ月。多くの人が日常生活のなかでさまざまな感染対策を徹底しているはず。なかでも、手洗いや手指消毒をこまめに行う習慣は、広く定着し始めた。感染症を防ぐためには、病原体を洗い流したり除菌したりする手洗いや手指消毒が必須。しかし、頻繁な手洗いや手指消毒は、思いのほか手肌や爪にダメージを与えるもの。「最近、手荒れが気になる……」と感じている人も多いはずだ。そこで今回は、手荒れの原因・種類・対策・ケア方法などを成田亜希子先生から教わった。 【写真】夜になると肌が痒い! その理由と対処法

そもそも手荒れはなぜ起こる?

「手は、肌に刺激を与えるような石鹸、洗剤、消毒液などに触れる機会が多く、紫外線も浴びやすいもの。私たちが思っている以上に、ダメージが積み重なっている部位でもあるのです。 そのため、”手の甲がカサカサと乾燥する” ”赤くなって痛む” ”指や手の平の皮が剥ける” ”ぷつぷつとした湿疹ができる”など、さまざまなトラブルを引き起こすことも少なくありません。 対策方法を知るには、原因をしっかり把握しておくことが大切。まずは、手荒れがどのようなメカニズムで引き起こされるのか詳しく見てみましょう」

肌荒れの根本的な原因は?

健康的な肌は「角質層のきめが整い、十分な水分と弾力性がある」状態を指すという。 「私たちの肌は外側から角質層・顆粒層・有棘層・基底層という4つの層に分かれています。そのうち、肌のコンディションを決めるのは角質層であるといっても過言ではありません。 角質層は、古くなった肌の細胞が規則正しくレンガのように積み重なった構造をしています。そして、肌の奥で作られた新しい細胞が押し出されるように皮膚の表層に浮きあがり、古くなった角質層が”垢”として剥がれ落ちて日々新しい細胞と入れ替わっていきます。 角質層の役割は、ズバリ『肌を外的な刺激から守ること』と『肌に水分を保持すること』です。角質層はやや硬くなった細胞で構成されており、紫外線・摩擦・化学物質などによる刺激がデリケートな肌の深層にまで及ぶのを防ぐ働きを担っています。また、肌の中の水分をパッキングして乾燥を防ぐ働きも。 このため、角質層の構造が乱れたり、ダメージを受けたりすると肌の深層に外的な刺激が伝わりやすくなったり、乾燥しやすくなったりすることで肌荒れが生じてしまうのです」

【関連記事】