Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナで苦境、うどん宅配に活路 丸亀製麺、インドネシアで70店舗

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 うどんチェーン店の「丸亀製麺」はインドネシアで約70店舗を展開している。うどんを食べる習慣がほとんどなかった7年前に進出してから、インドネシア全34州の約半分に店舗を構えるまで成長。米国や中国、台湾など、進出する10カ国・地域以上のうちで、昨年は最多の売り上げを計上した。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大後は店舗の一時休業を余儀なくされ、売上高は前年同期の3割以下に落ち込んだ時期も。9月中旬から首都ジャカルタで店内飲食が再び禁止となるなど逆風が強まる中、宅配の強化といった次の一手を模索している。(NNAインドネシア版編集部=多田正幸)  ▽天ぷらメニューが充実  ジャカルタの新興住宅地域に住む会社員のステファニーさん(29)は、うどんを初めて食べたのが丸亀製麺の店だった。「うどんが食べたくなったら月に一度くらいの頻度で丸亀製麺に行く」。いつも食べるのは一番人気でもある、牛肉をのせたうどん。気分に合わせて天ぷら二つを組み合わせる。「チリパウダーをたくさん入れて食べるのにはまっている」と満足そうだ。

 インドネシアは、日本と同じようにセルフ式を採用している。うどんを注文してから、並べられた揚げ物を選び、支払いの後に薬味などを取る。製麺や提供するまでの過程を客に見せるライブ感を重視した店づくりだ。注文から提供までの時間は、日本並みとはいかないものの、数十秒でできたてのうどんを提供できるように努力している。つゆは塩分を少し抑え、ぬるめだ。  えび天やちくわ天など日本でもなじみのメニューのほか、半熟卵の天ぷらやノリの天ぷらにマヨネーズやチリで味付けしたオリジナルメニューも充実している。  ジャカルタにある筆者行きつけの店舗は、かけうどん、ざるうどんとも39万ルピア(約280円)とほぼ日本並み。利用するのは主に中間所得層で、地方都市では10~15%程度安く販売している地域もある。  ▽人口2億7千万、親日が追い風  1号店は2013年3月、ジャカルタ郊外にオープンした。現地の店舗を運営しているスリボガ・マルガメ・インドネシアの近藤肇取締役は「白く、つるつるしたうどんを気持ち悪いという人もおり、あまり良いイメージがなかった」と振り返る。うどん専門店はなく、一部の富裕層がうどんという食べ物を知っている程度だったという。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS