Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広島 松山ら3発と4番で5点差追いつく 佐々岡監督「粘り強くやってくれた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「ヤクルト9-5広島」(6日、神宮球場)  広島が敗れて今季初の同一カード3連勝とはならなかった。ただ、一発攻勢で最大5点差を一時同点に追くなど粘り強く鯉打線が奮闘した。7カードぶりの勝ち越しを決め、きょうから本拠地で阪神と3連戦。広島にとって特別な初戦のピースナイターを勝利で飾り、ホームで地道に勝ち星を積み上げていく。 【写真】ソロを放ち生還する松山…迫力の風貌  諦めない姿勢が三塁側の鯉党の拍手をより一層大きくした。中継ぎが打たれ、今季初の4連勝とはならなかった。しかし、好調を維持する鯉打線が5点差を一時同点にする猛攻を見せた。佐々岡監督は「打線は粘り強くやってくれていた。粘り強さが出てきてくれている。諦めずにやってくれた。得点は本塁打だが、みんなつなぐ意識を持ってくれた」と攻撃陣をたたえた。  松山の一発で反撃ののろしを上げた。先頭で迎えた四回。カウント3-1からの5球目。ヤクルト・先発の高橋が投じた低め140キロ直球を華麗にすくい上げた。快音を響かせて飛んだ打球は低い弾道のままバックスクリーンを直撃した。第2号ソロに「甘い球を逃さない気持ちで一振りで仕留めた」。これで7試合連続安打と好調を維持している。  松山の“のろし”に菊池涼が、長野が続く。菊池涼は無死1塁から右へ4号2ラン。五回には勢いに乗るように夏男・長野にも2号ソロが生まれ、これで4試合連続打点、5戦連続マルチ安打と絶好調。流れが止まることなく、七回には2死二塁から主砲・鈴木誠が左前適時打で同点とした。  打線にテコを入れた。好調の1番・西川ではなく、ピレラを起用するなど左投手相手ということもあり、右打者を多く用いた。朝山打撃コーチは「体調面もあった。故障されても困る」と意図を明かす。連戦続きの疲労も考慮したという。  原爆投下から75年。8月6日という広島にとって特別な日を勝利で飾ることはできなかった。だが、前日に7カードぶりの勝ち越しを決め、この日は一発攻勢でツバメを追い詰める姿を見せた。  きょうから本拠地に帰り、阪神との3連戦を迎える。7日は今年で13度目となる「ピースナイター」が開催され、広島にとってまた、特別な一戦となる。「みんなで戦っていくしかない」と前を向いた指揮官。全員野球を見せながら必死に戦っていく。

【関連記事】