Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

角田陽一郎×ケラリーノ・サンドロヴィッチ(ミュージシャン・劇作家)「小学校の卒業文集に将来は『喜劇映画の監督』って書いた」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

『さんまのスーパーからくりTV』『中居正広の金曜日のスマたちへ』など、数多くの人気番組を手がけてきたバラエティプロデューサー角田陽一郎氏が聞き手となり、著名人の映画体験をひもとく『週刊プレイボーイ』の連載『角田陽一郎のMoving Movies~その映画が人生を動かす~』。 【写真】ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏の人生を動かした映画 ミュージシャンや劇作家など多岐にわたって活躍するケラリーノ・サンドロヴィッチさんが登場! * * * ――人生で初めて見た映画は? KERA 3歳頃に映画館で見た『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966年)ですね。でも、冒頭3分くらいしか見てない。サンダとガイラが出てくる前に大ダコが船を沈めるシーンがあるんだけど、そのタコに驚いて舐めていたあめをのどに引っかけて外に出て病院に行ったんですよ(笑)。 ちゃんと覚えているのは『長靴をはいた猫』(1969年)。確か池袋の映画館に母親と行って。当時は知らなかったけど、この作品には小説家の小林信彦がギャグ監修として参加していて。だから、大人になってからも何度か見直しているんです。 ――喜劇との出会いはいつですか? KERA 小学校4年生のときにチャップリンの連続リバイバル上映があったんです。チャップリンって今や遠い昔の人というイメージだけど、当時はまだ存命だったし、上映された作品の中には50~60年代前半の映画もあった。 それほど昔の映画とは思わなかったんですよね。それで小学校4年生の12月に『モダン・タイムス』(1936年)を初めて見ることになって。 ――すごい記憶力ですね(笑)。 KERA それがあんまりにも面白くて、早く次の『街の灯』(1931年)を見たいと思ったんだけど、「連続上映」って触れ込みなのになかなか上映しなくて。映画館に電話しても「配給会社に聞いてみて」と言われ、そこから週イチで電話して、「またあの子供から電話かかってきたよ」みたいになって、結局、上映されたのは翌年の夏でした(笑)。

【関連記事】