Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

4月最新の男女卓球世界ランキング発表、他Tリーグ契約も続々決まる

配信

Rallys

サムネイル画像提供:ittfworld

Rallysが日々お届けしている卓球情報の中から、 今回は4月最新の世界ランキング、Tリーグの選手契約情報を動画でお届けする。

4月最新の世界ランキングが発表

最初のニュースは、4月の卓球世界ランキング。新型コロナウイルスの影響で大会が中止となり、ランキングの発表が遅れていたが、16日に公表され、3月に行われたカタールOPや、チャレンジ大会のオマーンOPの結果がランキングに反映されている。 男子では、張本智和(木下グループ)が中国の林高遠(リンガオユエン)のポイント失効により、順位を上げ4位に、女子では伊藤美誠(スターツ)が中国の孫穎莎(スンイーシャ)と入れ替わり2位に浮上した。 伊藤は現行の世界ランキングルールとなってから日本人初の世界ランキング2位となった。

Tリーグの選手契約続々決まる

卓球Tリーグではサードシーズンの選手契約が続々と発表されている。 ファーストシーズンでファイナル進出も、セカンドシーズン最下位に終わった岡山リベッツは、新戦力として、木下マイスター東京から田添響の移籍加入と、インドのグナナセカランの加入を発表した。 さらに岡山は、Tリーグ通算成績25勝15敗の頼れる男・上田仁、エリートアカデミーから早稲田大に進学した柏竹琉(かしわたける)の2選手との契約更新も発表した。 また、2位の琉球アスティーダは、180cmのカットマン・村松雄斗と契約を更新。さらに、日本卓球リーグの協和キリンに所属し、セカンドシーズンまでT.T彩たまでレンタル出場していた平野友樹とも入団合意したことを発表した。 女子では、トップおとめピンポンズ名古屋が契約情報を発表し、中央大の現役女子大生である山本笙子、梅村優香、ルーマニアの左腕、エリザベタ・サマラの3選手との契約を更新した。

ラリーズ編集部

【関連記事】

最終更新:
Rallys