Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【RISE】“日本女子最強決定”トーナメントに寺山日葵やMISAKIら続々名乗り、優勝賞金は300万円

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

 RISEは、10月11日(日)に神奈川・ぴあアリーナMMにて『RISE DEAD OR ALIVE2020 Yokohama』、11月1日(日)にエディオンアリーナ大阪にて『RISE DEAD OR ALIVE2020 Osaka』を開催する。 【フォト】現役時代、紅絹の頭にハイキックを食らわす神村エリカ=13年 RISE QUEEN決定戦  この2大会に渡り、女子-47.6kg契約の8人制トーナメント『RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020』を行う。8月13日(木)ABEMAの記者会見で発表された。  10月の横浜大会でトーナメント一回戦4試合、続く11月大阪大会で準決勝と決勝を行う。現在参戦が決定している選手は、RISE QUEENアトム級王者・紅絹(もみ/NEXT LEVEL渋谷)のみ。  会見で、RISE GIRLS POWERプロデューサーに就任した第2代RISE QUEEN・神村エリカ氏は「色んな団体に色んなチャンピオンがいる中で、一番強いやつって誰なのかな。選手でいる時にも一番気になっていた。今までにない女子のトーナメントが出来るのでは」とファイター目線で今回のトーナメントをしたかったとコメント。  残り7枠の選手は未定だが「46kgから49kgの間の選手で、ピックアップはしているんですけど、全枠決まっているわけではない。『我こそはチャンピオンになれるぞ』『そこらへんのチャンピオンには負けないぞ』という選手が出てきてくれたら枠を空けるつもり」と自薦での選手も募集する。  続けて「ルールはRISEルールですけど、総合の選手でもムエタイでも、シュートボクシングでももちろん大丈夫です」と競技の垣根を超えて幅広く募る。ピックアップしている選手として「寺山(日葵)選手や紅絹選手には出場していただきたいですけど、シュートボクシングで言ったら女神選手などには参加していただきたいなと思っている」とオファーはしていないまでも、シュートボクシングの新星王者の参戦を希望する。所属ジム・団体も問わないようだ。  契約体重の47.6kgについては「46kgのチャンピオンだったら、48kgとかでやると不利だなと感じてしまう。軽量級の選手は身長が低かったりもあるので、できるだけフェアに」と50kg以下のファイターたちの平均値より、若干軽めの体重に設定したと言う。 「このトーナメントに優勝したら、軽量級では日本で一番強いと胸を張っていい」と自信を持つ神村氏。優勝賞金は、女子トーナメントでは破格の300万円となる。他にKO賞として、男子トーナメントと同じく30万円から50万円を用意する。もっとも、神村氏にとっては300万円でも少ないようだ。 「最初は伊藤代表に、優勝賞金500万円でお願いしたいとかけ合いました。けれど『(500万を)出せるパフォーマンスが正直出来ていない、300万円かな』と言われちゃった。女子選手代表としてはめちゃくちゃ悔しいです。けれど今の女子の現実、パフォーマンスから妥当かなとも。優勝賞金以上のものを見せてくれて、次回のトーナメント賞金を引き上げてくれれば」と、参戦ファイターたちに期待する。  伊藤代表も「500万、1,000万、良い内容を見せてもらえれば私も考えたいと思っているので」とゆくゆくの賞金額アップは可能性があるようだ。 ■寺山、百花、MISAKIらが続々参戦希望   参戦決定している紅絹は、ZOOMのコメントで「賞金を聞いて、体重聞く前に出ますって言いましたね。戦いたい選手はけっこういます。女神選手もそうですし、他の団体も、もうすぐ決定戦があるP選手とM選手(8.30レベルスでのぱんちゃん璃奈vsMISAKIと思われる)。どっちも出てきてほしいし。RISEの中でというより、外から来る選手をボコボコ殴ってみたい」とRISEの王者として”強い外敵”と拳を交えたいとする。  RISEの-50kgトップファイターとしては、ミニフライ級王者の寺山日葵や、今年2月に紅絹の王座に挑んだ平岡琴などがいる。この発表を受け、SNSでは寺山が「出たい」、平岡も「絶対出たい」と両選手ともに参戦を希望する。  他団体の王者クラスとしては、NJKFには今年7月に寺山と激闘を演じたミネルヴァ ライトフライ級王者・SASORI、ピン級王者・AYAKA、RISEの舞台にも立ち紅絹や那須川梨々と戦ったアトム級王者・百花などがおり、百花も早速「絶対でたい」とSNSに投稿している。  紅絹のコメントにも出たMISAKIも「出たい!!!ふさわしい試合してくるので呼んでほしいです。紅絹選手とは僅差の判定勝ちだったし、寺山選手とは1勝1敗1分。このトーナメントに優勝すれば、1番強いのが誰かわかる」とSNSに熱く投稿。  他にも“ムエタイ才女”伊藤紗弥や、昨年タイに乗り込みWPMF世界ピン級王者となった田中“暴君”藍など、ムエタイ強者たちの参戦も期待される。  組み合わせは一ヶ月後を目安に、全選手が揃ってから決定される。

【関連記事】