Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長いイニングを投げると乳酸が溜まる?投手の運動特性から考えるエネルギー代謝

配信

Baseball Geeks

スポーツ科学の進化とともに、野球に関わる方が様々な情報に触れる機会も増えている。多種多様な情報が混在する中で、選択・実施を決定するには何が必要だろうか?今回は、「野球とはどんなスポーツなのか?」について、基礎から考えてみたい。 そもそも、練習やトレーニングについて「良い/悪い」などはない。「何のためにやるのか?」という「意図と目的」を常に気にかけて欲しい。 その為には、練習方法やトレーニング種目の選択ではなく、その練習やトレーニングが「何を高めるのか?」について理解することが役に立つ。そして、その基本として「そもそも野球にはどのような運動の特徴があるのか?」を知ることが鍵となる。 野球を理解するためにはいろいろな切り口があるが、今回は投手のエネルギー代謝について考えてみよう。

試合中の投手の心拍数ってどのくらい?

投手とはどのような運動の特性なのだろうか?現実には、試合中のプロ野球選手からデータを取ることは困難なので、実践試合を模擬した条件で実験を行い、データを収集している1)。 まず、図の投手の心拍数の変動をみると、マウンドでは130~140拍/分であることがわかる。一方、ベンチでは、90~100前後に低下している。実際に試合では、緊張やフィールディングも加わるため、心拍数がもう少し高くなると予想される。 この図から、下記のような特徴がわかる。 ・心拍数はマウンドで上がり(140拍/分)、ベンチで落ち着く(90拍/分)の繰り返し ・イニングを経過するごとに、心拍数が増加していくわけではない さて、もしこの投手がトレーニングとして1500m走を行い疲労困憊まで運動したら、心拍数は最大まで上がり、190拍/分を超えることもある。その最大心拍数から逆算すると、マウンドでの心拍数(140拍/分ほど)はおよそ60~70%程度といえる。心拍数からみると、投球動作は60%ほどの運動負荷であることがわかる。

試合中の投手の乳酸値ってどのくらい?

次に、投手の燃費について考えてみよう。投手は一体どのようにガソリンを使っているのだろうか。図の各イニングにおける投手の血中乳酸濃度の変動を見てほしい。 図からは、下記のような特徴がみえる。 ・乳酸濃度は1回~5回までなだらかな横ばい ・その値は2.0~4.0mM(ミリモル)で推移 乳酸は悪名高き疲労物質として、みなさんの耳にも届いているだろう。乳酸の値を疲労度と言っても良いのかも知れない。だが、もし疲労度を示すというなら、投手は1回から疲労していて、しかし5回を終えた時点で疲労はあまり蓄積していないことになり、的を射ない。 では、この乳酸濃度から何がわかるのだろうか?それは、「投手の燃費効率」である。 【投球とはどんな運動なのか?】 まず、投球は全力運動である。しかし、球そのものは軽く、投球(出力)は瞬時で、ラグビーのスクラムのように、大きな力を継続的に発揮するものではない。加えて、投動作自体はおよそ自分で始め、自分で終えることが可能である。 図の実験は典型的な先発投手のモデルとして5回70球を試しているが、乳酸の値は2~4mMであった。 他のスポーツをみると、走力が重要な球技であるサッカーでは6~8mM、ラグビーではフォワード選手の最高値は約10mMにもなると報告されている。さらに、タイムを競う陸上競技や水泳、スピードスケートやボートなどの種目では、ゴール時に10~15mMを越えることもある。 一方で、投手の乳酸値が2~4mMという事実は、野球の面白さを示している。その面白さとはどのような点なのか?

【関連記事】