Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『Forbes』による世界で最も高収入なアスリート100人にレブロンやザイオンがランクイン!

配信

バスケットボールキング

NBAトップはレブロン、新人ザイオンは副収入だけで驚異の21億円超え

 5月22日(現地時間21日、日付は以下同)。経済誌『Forbes』が世界で最も高収入なアスリート100人を発表した。 NBA選手のスニーカー収入ランキング、マイケル・ジョーダンが約138億円で断トツトップに  今年はロジャー・フェデラーがテニス界史上初となる全体トップをマーク。1億630万ドル(約113億7410万円)を稼ぎ出し、そのうちスポンサーとのエンドースメント契約だけでなんと1億ドル(約107億円)に到達。  2位から4位に入ったのはいずれもサッカー選手で、2位から順にクリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)の1億500万ドル(約112億3500万円)、リオネル・メッシ(バルセロナ)の1億400万ドル(約111億2800万円)、ネイマール(パリ・サンジェルマン)の9550万ドル(約102億1850万円)と続く。  そして3人のNBA選手がトップ10にランクイン。5位にレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)、6位にステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、7位にケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)と、現役有数の実績と知名度を誇る選手たちが名を連ねた。  ランキング全体で見てみると、NBAからは昨年に続いて35人も入っており、全スポーツの中で最も多い結果に。また、国籍では計21か国の出身選手が入るなか、アメリカが約7割に迫る68人、その最上位にレブロンが入っている。  NBA選手で上位に入った選手たちは高額年俸を手にしつつ、スポンサーとのエンドースメント契約を複数結んでおり、契約するシューズブランドが制作したシグニチャーシューズを着用している選手が多い。そんな中、19歳のルーキーながら世界で57位に入り込んだザイオンは、副収入だけでなんと2000万ドル(約21億4000万円)もの超高額契約を手にしていることが分かった。  ちなみに、日本人選手では29位に入った大坂なおみが女子アスリート史上最高額となる3740万ドル(約40億180万円)、40位の錦織圭が3210万ドル(約34億3470万円)と、テニスプレーヤー2人が世界の40位以内に割って入っている。  今年ランクインしたNBA選手たちの順位と金額は下記のとおり。 ※チーム名は略称、1ドル=107円で換算

【関連記事】