Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

それでいいのか三菱! 超名門パジェロを消滅させた理由とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

昨年2019年に惜しまれながら生産終了となってしまったパジェロ。40~50代の方なら覚えているだろうが、今でいうフィットやカローラ並みの勢いで売れていたほどであったが、晩年はというと……。 ■パジェロと言えばやっぱコレ! 復活するならこのカタチで(全60枚) 超人気車種であったパジェロがなぜ生産終了に追い込まれてしまったのか? その理由を暴く!

1980年代、みんなの憧れだった三菱 パジェロ

国内外問わず、今のメインストリームはSUVだ。今や超高級車のロールスロイスやベントレー、さらにはアストマーティンといったSUVをこれまで手がけてこなかったメーカーをも参入するほどの賑わいを見せているのはご存知の通り。 オジさま世代なら覚えているだろうが、SUVなんて名前がつく遥か昔の1980年代後半~90年代初頭にRVブームがあった。当時は今のような乗用車ライクなモデルではなく、三菱 パジェロやトヨタ ランドクルーザー、日産 サファリといった本格クロカンが超人気を博していた時代のコト。 今見るとデカくて無骨で、漢! というモデルのオンパレードだが、当時はこのようなクルマは所謂ジープのような文字通り本格的なクルマしか存在せず、パジェロのような悪路もこなし、それでいて都会的なデザイン、さらには快適に乗れる4WD車という理由から注目を浴びたのだ。 さらにスキーやアウトドアブームも追い風となり、パジェロやランクルがいつしかクラウンなどに変わる憧れのクルマへとステップアップした時代である。 その後ガソリンの高騰や地球温暖化などにより環境意識が高まったことなどから、時代はエコカーにシフトしていってしまった。彼らにとって生きづらい冬の時代が長らく続いたのだ。もちろん、そうなればパジェロやランクルといったエコとは真逆に位置するクルマたちは苦戦を強いられたというのが最大の理由だ。

メジャーブランドを追い込んだ2つの失敗とは

じゃあ何故、ランクルは生き延びたのに、パジェロは生産終了にまで追い込まれてしまったのか? もちろん環境対応などが遅れた点は挙げられるが、クリーンディーゼルモデルの投入により延命を図ることには成功している。ではそれでもなお、パジェロというビッグネームが途絶えてしまったのだろうか。筆者は大きく分けて2つの失策があると考えている。 まずはモデルチェンジを怠った失策だ。 1982年の初代モデル登場からしばらくは5~10年間隔でコンスタントにモデルチェンジを重ねていたパジェロ。しかし最終モデルとなる4代目パジェロは、2006年の発売以来大きな変革がなかった。その間にライバルであるランクルは、時代のニーズに応えるべく先進安全装備をつけるなど地道な改良を行ってきた。

【関連記事】

最終更新:
MOTA