Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今すぐ実践したくなる!暑くなってきた今知りたい「光熱費の節約術」

配信

クックパッドニュース

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんの「食費節約レッスン」で、貯め上手・遣い上手になりましょう。今回は、夏の在宅勤務で増えがちな電気、水道料金の上手な使い方をご紹介します。  ◇  ◇  ◇

緊急事態宣言も解除され、街には人が戻りつつあります。通勤の電車もほぼ自粛前と変わらない混み具合となっているようです。企業によっては、隔日出勤もしくは引き続き在宅勤務のリモートワークをしているところもあります。当然ですが、在宅勤務中の水道光熱費は自己負担です。夏の在宅勤務で増えがちな電気、水道料金の上手な使い方をご紹介します。

夏はガス代をあまり気にしなくてもOK

水温が上がる夏はガス代がむしろ安くなるので、あまり気にしなくても大丈夫ですが、一般家庭のガス代の多くが給湯ですので、給湯の設定温度を低く設定しておくといいでしょう。

夏の電気代はエアコンがポイント!

夏の日中14時頃の消費電力(在宅世帯平均)は 1位 エアコン58% 2位 冷蔵庫17% 3位 照明6% 4位 テレビ5% 以下、温水洗浄便座、パソコン、待機電力と続きます。つまり、エアコンを上手に使うことで節電につながります。 日中の在宅時間が増えると、エアコン、冷蔵庫、照明の利用時間が増え、その大半がエアコンなのでエアコンの上手な節電方法からご紹介します。 ▼カーテンやすだれなどで日差しをカット 太陽の熱は窓ガラスを通して部屋へ入り、エアコンで冷やした空気は窓ガラスを通して外へ逃げてしまいます。それを防ぐには、外側から日陰を作る方法もしくは、カーテンをしめて熱をカットする方法があります。外出する際も、カーテンを閉めることで家や部屋に熱がこもりにくくなります。 ▼扇風機を併用する エアコンの冷房運転の設定温度は26℃から28℃へ2℃上げ、扇風機を併用すると、節電かつ快適さを保つことができます。 エアコンのみ26℃で運転した場合を100とした場合、28℃設定で約20%の節電になります。扇風機の弱~中相当で20~30Wを一日中使っても約13~20円、月あたり約390~600円です。 26℃から28℃で運転した場合、1日9時間の使用で1シーズン(冷房期間112日)約1,640円の節約、1日18時間運転した場合、1シーズン約3,280円の節約。そこに扇風機の電気代が約1,088~1,633円/(1日あたり18時間使用)加わっても併用運転の方が節約になります。(※1) ※1 家庭の省エネ徹底ガイド 春夏秋冬2017などより筆者試算

【関連記事】