Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「メディアは、とにかく収益源を多様化せよ」: IAB の CEO ランドール・ローゼンバーグ氏

配信

DIGIDAY[日本版]

ニュースパブリッシャー業界は、このパンデミック下の経済に打撃を受けているかもしれない。だが、インタラクティブ広告協議会(Interactive Advertising Bureau:IAB)のCEO、ランドール・ローゼンバーグ氏にいわせると、業界ははるか昔に、広告収入に依存しすぎた時点で自ら墓穴を掘っていた。 「19世紀の半ばから終わりにかけて、米国に国内市場が成立したとき、市場は大きく広がっていて、好機に満ちていたため、パブリッシャーとしての収益と成長を広告にゆだねることは、経済的にはるかに理にかなっていた」と、ローゼンバーグ氏は米DIGIDAYポッドキャストで語っている。 有料購読者が600万人超と好調なニューヨーク・タイムズ(The New York Times)でさえ、第2四半期は広告収入が最大55%減になると予測し、同紙の広告部門トップはレイオフもありうると述べている。 このように先々のリスクを考えないやり方は、昔から雑誌やテレビにまで浸透しているが、それに対して欧州では、こうしたメディア商品に消費者がお金を支払ってきたと、ローゼンバーグ氏はいう。 この問題に対する主な答えは「収益源を多様化すること。とにかくそれに尽きる」と、ローゼンバーグ氏は述べている。 ローゼンバーグ氏にとってひとつの希望は、業界の中央集権化が進むことだ。 「私はいま、この15年間でもっとも希望を抱いている」と、ローゼンバーグ氏はいう。「あらゆる業界のサプライチェーンは、基本的なベストプラクティスや技術標準による下支えを必要とするが、それらに関して、広大かつ無秩序なマーケティングとメディアのサプライチェーンを構成するさまざまなセグメント、プレイヤー、企業、そして幹部たちの意見をひとつにまとめるのは至難の業だった」。 この記事では、ローゼンバーグ氏とのインタビューのハイライトをお届けする。なお、読みやすくするため、以下の本文には若干の編集を加えている。 Subscribe: Apple Podcasts | Stitcher | Google Play | Spotify

【関連記事】