Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

電動ネイキッドバイクZERO SR試乗レポート【リッターマシン越えのトルク!?】

配信

WEBヤングマシン

シリコンバレーにある電動バイクベンチャー・ゼロモーターサイクルズが日本に上陸。そのラインナップの中でも、スポーツ走行性能や航続距離がズバ抜けて高く、最大トルクがリッターマシン以上もあるネイキッド「ZERO SR」に電動バイク追っかけタレント・近藤スパ太郎が試乗。その実力をレポートする。 【関連写真×11枚】電動ネイキッドバイクZERO SR試乗レポート〈リッターマシン越えのトルク!?〉

異次元を感じるパワー性能。電動バイクの魅力満載マシン

またがった感じは、400ccクラスのネイキッド。ところがフルスロットルで加速すると驚愕する。ミッションがなく、最高速度までパワーが落ちることなく一気に加速していくパワー特性なのだ。「スゴイ! これが電動バイクなのか!」 初めてゼロSRに乗った人は誰もがそう感じるだろう。「エンジンとはまったく異次元の乗り物」と実感するはずだ。電動バイクはパワー特性も自由にマッピングでき、SRの最高速度は163km/hに設定。最高速に達した後のパワー特性はフラットになる(※理論上)。

ゼロモーターサイクルズは、2006年にシリコンバレーで創業した電動バイクメーカーで、マシン性能は現行の電動バイクの中では抜きん出ている。車体設計はもちろん、モーターやバッテリーもゼロの自社開発だ。SRはビューエルで活躍していた開発者が車体設計をしているそうだ。他にもスポーツ、オフロード、モタード、アドベンチャー風のラインナップもある。ゼロを輸入販売しているMIRAIは、電動レーサーマシンを自社で制作しているが、2015年のパイクス(PPIHC:コロラド州で開催されているヒルクライムレース)に参戦した「韋駄天ZERO」には、ゼロSRのモーターをベースにレース用チューンナップを施して搭載。見事、電動バイククラスで優勝を果たしている。

エンジンと特性が違うので単純に比較できるものではないが、ゼロSRの最高出力は70.9PSで600ccクラスのスポーツマシンと同等の数値。最大トルクに至っては157Nmもあり、リッターマシンを遥かに凌ぐ(参考:ホンダCBR1000RR=114Nm)。車体がコンパクトな上に、車重も188kgと軽い。試乗したSRには200V充電が可能なチャージタンクがオプションで搭載されており、自動車用の充電器が使用できるので外出先でも安心感があった。

【関連記事】