Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ベラルーシの民主化を牽引する地域は? ウクライナとの比較考察

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
GLOBE+

ベラルーシはロシアの「保護国」に成り下がるのか

本連載でこのところずっと取り上げているベラルーシ情勢は、どうも憂慮すべき方向に進んでいるようです。ロシアの全面バックアップを受け、ルカシェンコの恐怖政治が当面延命されるという見通しが強まってきました。 【写真】服部倫卓さんが見たウクライナ・ベラルーシ ただ、それはルカシェンコ体制がこれまでと同じように続くということは意味しないでしょう。ルカシェンコは従来、ベラルーシの主権をロシアに譲り渡すことには、頑として抵抗してきました。しかし、ここ何日かの動きを見ていると、支援と引き換えに、ロシアに無条件降伏したような印象です。果たしてベラルーシはこのまま、一人の男の保身だけのために(そのルカシェンコにしてもいずれお払い箱になるでしょう)、ロシアの「保護国」に転落してしまうのでしょうか。 本稿を執筆している9月6日の時点では、依然として事態は流動的であり、目先の情勢分析などはすぐに陳腐化してしまいそうです。そこで今回も、ベラルーシ情勢を理解するための基本的なところについて解説したいと思います。この連載では8月25日に「2020年のベラルーシと2014年のウクライナはこんなにも異なる」というコラムをお届けしました。その時には割愛した「地域」という観点から、改めてベラルーシとウクライナを比較してみたいと思います。

「東のナントカ、西のナントカ」は信じるな

ウクライナ情勢について、日本のマスコミなどで取り上げられる際に、必ずと言っていいほど語られるのが、ウクライナにおける東西のコントラストという言説です。「東の親ロシア、西の親EU」、「東の重工業地帯、西の穀倉地帯」、「東のロシア語、西のウクライナ語」、「東の正教、西のカトリック」などというのが、お決まりのフレーズです。 はっきり言って、あまりに的外れであり、どこからツッコんでいいのか、途方に暮れてしまいます。ウクライナについての解説で、東のナントカ、西のナントカという紋切型の話が出てきたら、その時点でもう読む価値はないというのが、筆者の持論です。 だいたい、専門家の間では、現代ウクライナの政治・経済・社会分析で、東・西などという雑な区分が用いられることは、まずありません。シンクタンクによって微妙に異なりますが、少なくとも4つくらいのマクロリージョンに区分するのが常識です。上に掲げたのはその代表例であり、ピンク色が西部、黄色が中部、緑色が南部、青色が東部という区分になっています。 ちなみに、21番がロシアによって併合されてしまったクリミア自治共和国、22番が軍港都市として特別市になっているセバストーポリ市です。ドンバス紛争に揺れているのが、26番のドネツク州と27番のルハンスク州。首都キエフは11番の丸の位置です。 さて、18番は有名な港町オデッサを中心としたオデッサ州です。地理的には、西寄りに位置しており、EU圏のルーマニアとも隣接しています。しかし、この州はバリバリのロシア語圏であり(ただし非常に特徴的なロシア語で「オデッサ語」などと呼ばれることもある)、「西のウクライナ語」などという言説は一瞬で崩れ去ります。 非常に興味深い存在は、ウクライナの中で最も西寄りに位置している6番のザカルパッチャ州です。この地域ではハンガリー系の住民が多く、過度なウクライナ・ナショナリズムへの警戒感が強いため、かつてはウクライナ民族派の政党よりも、親露とされるヤヌコービッチの地域党の方が優勢だったほどです。ウクライナの地域は多様で複雑であり、西へ行けば行くほどウクライナ語一色などというわけではないのです。

【関連記事】