Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

華麗な“腹筋“も 高齢アザラシが見せる芸が「かわいい」 芸は健康管理の一環も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 まるで腹筋のような動きをするのは、ゴマフアザラシの「アグ」。今年で32歳のアグは、0歳の時に保護され、5年前に「紋別アザラシシーパラダイス」(北海道・紋別市)の開園と同時にやってきた。今ではおよそ40種類もの芸ができる。 【映像】ゴマフアザラシ「アグ」の芸  恥ずかがる仕草にバイバイ、極めつけは“甘え芸”だ。

 「甘えてるってわけではないんですよね。トレーニングの一環なので。アグが寝て、その隣に飼育員が行くと『抱っこ』と教えている。重たいです(笑)。83kgを支えるのはこっちもなかなか厳しいです」(飼育園の遠藤史帆さん)  アグは人間でいうと90歳のおじいちゃん。大切なのは健康だ。  「芸は健康管理で覚えさせるんです。口の中を見て、舌がピンクだったら元気、白だったら体調悪いかなと」(同)  こうした姿に視聴者からは「かわいい」「まじかわええ」「芸達者」の声があがるが、芸は客を喜ばせるだけでなく健康管理の一環も兼ねていた。 (ABEMA/『ABEMA Morning』より)

【関連記事】