Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

役員報酬1億円以上開示、アステラス製薬などが登場 2020年3月期決算上場企業(6月18日17:00 現在)

配信

東京商工リサーチ

個別開示 7社・12人

 6月18日17時までに、2020年3月期決算の有価証券報告書の提出が確認されたのは102社だった。  このうち、役員報酬1億円以上を開示したのは、社数が7社、人数が12人。累計では12社・20人に増加した。  18日に報酬額1億円以上として開示されたのは、アステラス製薬の安川健司社長が5億3700万円、畑中好彦会長が4億7700万円、岡村直樹副社長が2億3700万円のほか、KDDIの高橋誠社長が1億9800万円、デサントの金勲道専務執行役が1億4,300万円など。  アステラス製薬の岡村直樹副社長、カカクコムの畑彰之介社長(1億900万円)の2人は、初めて個別開示された。  開示人数では、アステラス製薬とKDDIが各3人、カプコンが2人など。  カカクコムは、開示制度が始まった2010年3月期決算以降、役員報酬1億円以上の開示は法人としても、畑社長も初めて。