Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

セバージョス「世界中の誰もがマドリーでプレーしたいだろう」

配信

SPORT.es

ダニ・セバージョスは2019/2020シーズンは、レンタル移籍先のアーセナルで過ごしているが、夏にレアル・マドリーに戻ることを否定していない。 セバージョス、アルテタは「ア-セナルの最高の監督の一人になる」 23歳のスペイン人MFはジネディーヌ・ジダンが今季の途中に就任したことで、マドリーで簡単にはいかないことを知っている。 「僕はレアル・マドリーの選手なんだ。世界中のどんな選手でもレアル・マドリーでプレーしたいと思っている。私は彼らと3年の契約を残している。成功するためには完璧なチームだ」と語った。 現在、セバージョスはコロナウイルスの検査を行い、プレミアリーグ再開に向けて準備を進めている。 「私たちは48時間前に検査を行ったが、チーム全員が陰性だったことが真実だ。スペインでは6月12日に再開するとされているが、1週間後の20日にリーグを再開させる予定だ」と説明した。 アーセナルでの最後の数か月を終える準備をしているセバージョスは、自身の将来を楽しみにしているようだ。 「最高のダニ・セバージョスはまだ来ていない。チームに落ち着くこと、重要性を感じること、リーダーのように感じること。それが私が本当に好きなことである」と最後に語った。

SPORT.es

【関連記事】