Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

トランプ大統領再選ピンチ~4年前と何が違うのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月17日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。アメリカの大統領選挙について解説した。

トランプ大統領が選対本部長を降格

アメリカのトランプ大統領は15日、大統領選挙に向けた陣営の選挙運動を統括するブラッド・パースケール選対本部長を降格させた。後任にはビル・ステピエン選対副本部長を昇格させる方針である。トランプ氏は、民主党の大統領候補指名を確実にしたバイデン前副大統領に対して支持率で劣勢に立たされており、体制を一新して巻き返しを図るものと考えられる。 飯田)パースケール氏に関しては、引き続きデジタル戦略を主導し、陣営の上級顧問も務めると明らかにしています。 宮家)一応陣営には残すけれど、実質的には権限をはく奪したということです。しかし、4年前も確か8月の段階で選対の責任者をスティーブン・バノン氏という人に代えて、それで勝ったということになっています。だからトランプさんからすれば、まだ7月になったばかりですから、対外的には「特に追い詰められていると思っていない」と言っているのだと思います。

4年前と違う~コロナによって馬脚を現したトランプ大統領

宮家)しかし、最近ニューヨークタイムズには、今年は「4年前とは少し状況が違う」という記事が出ています。私なりの理解ですが、4年前の相手はヒラリーさんだった。ヒラリーさんは大統領夫人を8年やって、上院議員をやり、要するにワシントンのエスタブリッシュメントそのものだった。トランプさんは、「自分はアウトサイダーで、あいつらが悪いのだ」、「ディープステート、影の政府が悪いのだ」などと言って、颯爽とデューし、国内の対立を煽り、ワシントン不信の不満層の票を獲得してギリギリで勝ったのです。確かにトランプさんは4年前と同じ戦いをするべきなのかも知れない。バイデンさんも40年くらい上院議員をやっている人で、トランプ支持者から見ればディープステートそのものですからね。しかも、いろいろな逸話のある人です。本来ならば、トランプさんはアウトサイダーとして、4年前と同じ戦術をバイデンさんに対して取ればいいのです。しかも相手はお年ですし、トランプさんは今回もかなりいい勝負ができるのではと思っていたのですが、あれあれ、トランプさんはコロナ騒動によって馬脚を現したというか、いまや4年前とは形勢が変わっているのだろうと思います。

【関連記事】