Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

乙武洋匡 20歳の誕生日に「父から言われて号泣した言葉」とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。9月12日(土)の放送は、作家の乙武洋匡さんが登場しました。

◆「親を恨む気持ちは1回たりともなかった」

丸山:簡単に乙武さんのプロフィール紹介を。1976年4月6日生まれ。大学在学中に出版した「五体不満足」がベストセラーに。卒業後、スポーツライターとして活動した後、小学校教諭を経て、2013年2月には東京都教育委員に就任。そのほか、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に参与、社会人サッカーチームのGMにも就任されていると。 乙武:はい。 丸山:いやぁ、いろいろなことをされていますね~。今回は乙武さんが伝えてきたスポーツの魅力や教育などについて伺っていきたいと思います。自身が成長するなかで、一番影響を受けたというご両親の教えとは? 乙武:みなさんから「明るいですね!」とか「強いですね!」って言っていただけるのは、やっぱり両親の育て方の影響がすごく大きいと思うんです。僕は根本的に自己肯定感が強い人間なんですね。 丸山:うん。 乙武:それは両親が、「こんな体に生んでしまって申し訳なかった」とか「この子の人生、お先真っ暗だな」っていう育て方をしていたとしたら、たぶん子どもである僕自身もそれを敏感に感じ取って、“あぁ、俺の人生って大変なんだな……”ってなっていたと思うんですよね。ところが、母はすごく楽天家なので“なんとかなるでしょ!”という思いで育てていたらしく、まぁなんとかなってきたと(笑)。 丸山:両親の力って大事だなって感じますよね。ご両親から言われて印象に残っている言葉とかはありますか? 乙武:20歳の誕生日に、父から「いつか思春期の頃に『なんでこんな体に生んだんだ!?』って、お前からどやされる日がくるんじゃないかってビクビクしていたんだけど、そんなこともなくここまで育ってくれてよかった」みたいなことを言われたときに号泣してしまって。 丸山:うん。 乙武:別に、こっちはそんなことを思っていないんですよ。本当に強がりでもなんでもなく、この体に生まれたことに対して、親を恨む気持ちは1回たりともなかった。 丸山:乙武さんって、反抗期は? 乙武:母が「おはよう」って言ってきても「うるせぇ!」って返すくらいの反抗期はありましたけど(苦笑)。だけど、手足がなく僕を生んだことを責めたことは1回もなかったし、我慢していたわけでもなく、別になんとも思っていなかったんです。 丸山:なるほどね~。 乙武:でも、父は“そう思っていたんだ!?”っていうのが、けっこうショックで。 丸山:いつかそうやって言ってくるときがくるんじゃないかと。 乙武:全然そんな風に思っていないのに、なんで気にしていたのって。 丸山:それは親心だと思いますよ。男として、いろいろなことをさせてあげたかったなとか。 乙武:うん、そうですよね。

【関連記事】