Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のホタテの濃厚な旨味とプリプリな食感を楽しむ2品

配信

サライ.jp

写真・文/矢崎海里 養殖も盛んで一年中出回っているホタテですが、産卵を終え、貝柱が大きくなるこの時期に旬を迎えます。 クセや臭みがなく食べやすいので、生食だけではなく、さまざまな食材と組み合わせやすい貝類です。 その栄養も高タンパク、低脂肪と優れています。 今回は、ホタテの貝柱を使った減塩レシピを2つご紹介します。

ホタテのオレンジカルパッチョ

【材料】(1人分) ホタテ貝柱(生食用) 1個 オレンジ 1/8個 ミニトマト 1個 ルッコラなど 3~4枚 醤油 小さじ1/2 オリーブオイル 大さじ1/2

【作り方】

1.ホタテは貝柱の繊維に逆らい薄切りにし、キッチンペーパーなどで水気を拭き取る。 2.オレンジは角切りに、ミニトマトは1/8に切る。ルッコラは食べやすい大きさにちぎる。 3.醤油・オリーブオイル・オレンジを混ぜ合わせてソースを作る。 4.うつわにルッコラを盛り、まわりにホタテを並べる。

5.ソースをかけ、ミニトマトを散らしたら完成。 貝柱のなめらかな舌触りや、柔らかさを味わえる刺身。 厚切りでプリッとした食感を楽しむのも良いですが、薄切りにしてカルパッチョもおすすめです。 オレンジの酸味と、爽やかなソースでさっぱりと食べられます。 ホタテ貝柱は100gあたり88kcalとほかの肉・魚と比べて低め。 さらに、たんぱく質は16.9g、脂質は0.3gと、ほかの貝類に比べ約2倍のたんぱく質を含んでおり、ダイエット食材としてもぴったりです。 旨味も強いので、少ない調味料でも味付けしやすく、減塩レシピの食材としても優れています。 食塩相当量:0.6g

ホタテフライ生姜タルタルソース

【材料】(1人分) ホタテ貝柱(生食用) 3個 小麦粉 大さじ1 卵 1/2個 パン粉 大さじ2 揚げ油 適量 ★玉葱みじん切り 大さじ1 ★甘酢生姜 10g ★マヨネーズ 大さじ1 ★胡椒 少々 パセリ 少々 レモン 1/8個

【作り方】

1.ホタテは水気を拭き取る。 2.レモンはくし切りにする。卵は溶いておく。 3.甘酢生姜は汁を切って刻み、★の材料と合わせ、パセリを振る。

【関連記事】