Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

伊東純也の“異質なスピード”にベルギー人も驚愕 欧州3季目、ヘンクで放つ圧倒的な存在感

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Football ZONE web

【ベルギー発コラム】アフリカ系選手とのサイドでの攻防、緩急自在のドリブルに現地記者も面食らう

 欧州クラブに所属する日本人選手の試合へ取材に行った時、一番緊張するのはメンバー発表の瞬間だ。スタメンどころかベンチにも名前がない場合、試合後のインタビューも含めてその選手に関する情報が全く得られないため仕事が成立しない。試合での取材には常にそうしたリスクがあるのだが、ベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也の取材で不安に駆られたことはない。「伊東はいる。それもスタメンで」という確信を持っていつもスタジアムに行っているし、こちらにそう思わせるほど彼はヘンクで圧倒的な存在感を放っている。 【動画】「天才」「マッチアップしたくない」と元日本代表も大絶賛! 伊東純也、「トップスピードからのダブルタッチ」弾の瞬間  加入2シーズン目となった昨季の伊東は、公式戦38試合すべてに出場し、6ゴール9アシストをマーク。さらに38試合中33試合で先発出場しているので、データ上からも伊東がいかにチームにとって欠くことのできない存在だったかが分かる。シーズン初ゴールこそ昨年12月3日に行われたベルギー杯ラウンド16のアントワープ戦(3-3/PK3-4)まで待たなくてはならなかったが、シーズン序盤の昨年9月末までに6アシストを記録するなど、伊東の右サイドからのドリブル突破やクロスボールはチームにとって大きな得点源となっていた。  ベルギーではアフリカ系の選手をサイドアタッカーとして配置し、彼らが高い身体能力を生かした突破で1対1の局面を打開することで得点機を作り出そうとするチームが多い。サイドでの攻防は、ブンデスリーガやリーグ・アンと比べても決して見劣りしないレベルで、そうした条件下での攻防で伊東がアフリカ系の選手たちを緩急の利いたドリブルで抜き去る姿は、かなり異質で衝撃的だった。隣の席に座っていたベルギー人記者が、伊東のスピードに面食らって苦笑いを浮かべている姿を見たのは、一度や二度ではない。  今年6月に3年契約で、ヘンクへの完全移籍が成立したこと以外に伊東の個人的な収穫を挙げるとすれば、プレーの幅が広がったことだろう。昨シーズン開幕前に就任したフェリチェ・マッズ前監督は、マイボール時にはピッチ中央とサイドの間のスペース、いわゆる「ハーフスペース」にポジションを取るように伊東に要求していた。サイドハーフが中に入ってくることで、ピッチ中央により多くのパスコースを作ってコンビネーションプレーの選択肢を増やすと同時に、自チームのサイドバックが前方に駆け上がるためのスペースを作り出すというのが、マッズ前監督の意図だったと思われる。ただし、タッチライン際でボールを受けてからのスピードに乗ったドリブル突破を得意とする伊東にとって、相手を背負いながら狭いスペースでのプレーを求められるのは楽な仕事ではなく、シーズン序盤は窮屈そうにプレーしている姿が印象的だった。

【関連記事】